【10月8日追加開催決定!】何でも抱えて頑張りすぎてしまう女性のための、心をすっきりさせるワークショップ


このエントリーをはてなブックマークに追加

自分らしく生きるために一歩を踏み出したいあなたに

9月24日(土)に開催され、80名以上の参加者を迎えて大盛況だった、ちゃぶ台返し女子アクション主催、「何でも抱えて頑張りすぎてしまう女性のための、心をすっきりさせるワークショップ」。ご参加いただいた皆様のご好評につき、10月8日(土)に、東京ウィメンズプラザにて、追加開催が決定いたしました。

日本の社会では、「家事も育児も完璧にこなさなければいけない」という固定観念や、「女性は家、男性は仕事」という役割分業の意識がいまだに根強くあります。そのため、家事や育児、仕事など、たくさんの役割を抱えて、どんなに大変でも辛くても、自分が我慢すればいいと思っている女性が多いようです。「想いをはっきりと口にできない…」と感じる方もたくさんいらっしゃると思います。

仕事の他にもたくさん役割を持つ女性のみなさん、何でもひとりで抱えて頑張り過ぎていませんか?うまくいかない理由を、自分が頑張っていないからだと決めていませんか?

今回のワークショップでは、1分A4メモ書きトレーニングをとおして、心のなかのもやもやを整理する方法をご紹介します。 1分という短い時間に書くことで、本当の問題だけに目を向けることができ、おのずと肯定する気持ちがわいてくるのです。このワークショップで自分の気持ちを整理してみたら、きっと心がすっきりして、もっと自信が持てるようになります。

また、ワークショップでは、女性が担う役割についての議論を伴いますので、参加者は女性限定とさせていただきます。前回は、赤ちゃんの泣き声もあったりと、和やかな雰囲気もあるなら、女性同士の話し合いが活発に行われました。

家庭や職場で、女性であることに生きづらさを感じている方や、もっと自分らしく生きたいと感じている方など、この機会にぜひご参加ください。ワークショップの後は、赤羽雄二と参加者の皆さんで懇親会もございます。

メモ書きとは

『ゼロ秒思考』シリーズなどでご紹介している、頭をすばやく整理するためのシンプルなトレーニング方法です。

A4の紙に1件1ページ、4~6行、各20~30字を書くというシンプルな作業です。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分程度でさっと書きます。ページ数は、朝起きてから寝るまでの間、1日に10ページです。
難しいことはありません。誰にでもできる、とってもシンプルなトレーニングです。

このトレーニングを3週間続けることで、

  • 基礎的な思考力が向上する。 
  • 心のコントロールができるようになる。 
  • ストレスや不安が軽減される。 
  • 前向きに明るく生きることができるようになる。 

といった効果を実感することができます。現在に至るまで二十数年にわたって改良を続け、クライアント先で実践してもらうことで、すでに数千人を超える方がワークショップに参加され効果を実感しているトレーニング方法です。

前回のセミナー参加者の声

  • 本日は、7ヶ月の息子をつれて、講演に参加させて頂き、非常に有意義でした。普段、息子と何気ない時間を2人で過ごすことが多く、このような機会に恵まれ、大変刺激的でした。今は不器用ながらも100パーセント、子育て、家事を前向きに楽しんでいると思いますが、一方で、子育てが一段落した時の主婦の自分が、しっかり軸のある生き方ができているのか、精神的にも穏やかで満ち足りているのか、 漠然とした思いがあったので、今日の講演は、良い糧になったと感じています。さっそく、メモ書きやってみました。マイペースでも続けたいとおもいます。本日は楽しい時間をありがとうございました。
  • 改めて言語化しアウトプットすることで、思考がクリアになる効果を感じました。思考も断捨離ですね。多忙の名のもとに先送りにしていることが多々あるな~と反省しきりです。
  • 貴重なお話ありがとうございました。実際のメモの写真をスライドに載せたり、ワークショップを取り入れるなど実践をどのようにしていけばいいのかがわかりやすいご講演でした。職場のチームでもメモ書き展開していけると面白いのではないかと考えています。ありがとうございました。

今回のセミナー参加者の声

  • 今回が初めてのメモ書き体験でしたが、思っていたより取り組みやすいことが大きな気付きでした。この1年間ほどでマッキンゼーの方々の著作を10冊ほど読みましたが、こんなにスマートな流れをパッと出すのは自分には無理だ、と能力の差を感じていました。また、曼荼羅チャートやマインドマップなどの問題解決メソッドも試しましたが、なかなか習慣化しませんでした。メモ書きでは頭の中にあることを全て可視化できるので、重要性や優先順位を認識するのがとても容易でした。また、単語で書き出すよりも論理展開がしやすく、「次の一歩」が浮かびやすいと感じました。1日最低10枚を習慣にし、アウトプットと行動のスピードをどんどん上げていきたいです。また、今回のロールプレイングを活かして、友人や家族の悩み解決にも協力していきたいと思います。この度は大きな学びを与えていただき、誠にありがとうございました。
  • 本を拝読して「なるほど!」と感動したことが、実際に体感してみて「そうか☆」と腑に落ちました。自分ではかなり自由に生きていると思っていたのですが、実態は、長女気質で自分が思う以上に完璧主義だったことが分かりました。「もっと自然体で生きて行こう!生きていいんだ!」と感じることができ、これまでは感情に振り回されがちだったのですがこれからは、“感情の表現”と“感情的になること”をしっかり分けられそうです。早速、朝会の仲間と共に思考と感情の瞬間整理を実行したいと思います。沢山の学びをありがとうございました!
  • 自分はあまりモヤモヤを抱えていない人間だと思っていたのですが、当日のワークを通して、自分の中にあるいくつかのモヤモヤ感と、その正体が見えてとてもスッキリしました。一つ目のモヤモヤは、自分は職場での役割を果たせているのか、ということ。二つ目のモヤモヤは、私は果たして人とうまく付き合っているのか、ということ。そもそもうまく付き合うとはどういう状態かわからない、と言うモヤモヤでした。また、人間関係での問題解決は「割り切りがほぼすべて。」と仰っていたことにとても共感しました。現状に甘んじることなく、よりよい状態を目指すにはどうしたらよいか、考え続けなくてはと思いました。そのために、メモはとても良いツールになりそうです。

メモ書きミニワークショップの事例

10月8日(土)のワークショップにご参加いただいた方が、その後、A4メモ書きのミニワークショップを開催されたようですので、ご紹介させていただきます。

「人は、心で思ったり考えたり瞑想したりするだけでなく、「書き出して視覚化する」方が何倍もスッキリするとあらためて気付きました!」(ブログ本文より)

こちらのケースでは、朝食会として朝の8時半からカフェに数人で集まり、主催の方がゼロ秒思考やメモ書きトレーニングの説明をした後、みなさんでA4メモ書きワークと、アイデアメモを実践されました。当日の様子がブログでレポートされていますので、ぜひごらんください。

イベント概要

日 時: 2016年10月8日(土)※終了しました。
    9:00~ワークショップ(開場9:00)
    11:00~講師と懇親会(12時終了予定)
会 場:【東京】東京ウィメンズプラザ 視聴覚室B
    最寄り駅:JR渋谷駅、東京メトロ表参道駅
料 金: 2,000円 ※資料代込
定 員: 25名 ※お申込み先着順
 
対 象: 女性限定 ※今回は託児はございません。
持ち物:筆記用具
主 催: ちゃぶ台返し女子アクション

▼お申し込みはこちらから!
http://peatix.com/event/203743/





このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
赤羽雄二" (あかば ゆうじ) "
コマツにて建設機械の開発6年、スタンフォード大留学を経て、マッキンゼーにて14年間、経営戦略立案・実行支援、新組織設計・導入、新事業立ち上げなど多数。 シリコンバレーのVCをへて、2002年1月創業のブレークスルーパートナーズにて、日本発の世界的ベンチャーを育成すべく、ベンチャー支援に取り組む。