記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

毎日文化センター「ビジネスパーソンの超速文章術」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第46回

毎日文化センター「ビジネスパーソンの超速文章術」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第46回

毎日文化センターにて開催している、特別ワークショップ「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」シリーズ。2月4日(金)に、第46回「ビジネスパーソンの超速文章術」を開催いたします。

素早く的確な文章を書けると、仕事がどんどん進みます。むずかしい内容のメールも、こみいった報告書も躊躇することなく書けます。

構えずに、ポイントを押さえた文章の書き方をすればいいのですが、ほとんど方は気にしすぎて前に進みません。数行書いて悩み、あれこれ考えてまた数行ひねり出す、ということで時間ばかりかかります。

その間に課題が解決するわけではなく、よりよい案が生まれるわけでもありません。上司の目が気になり、ストレスが高まる一方です。後回しにして、さらに悪循環になります。コマツに入社後、数年間の私はまさにそういう状況でした。

『ビジネスパーソンの超速文章術』では、そういった苦手意識を吹き飛ばすべく、加速練習に取り組みます。

【今回の講座内容】
・ 言うべきポイントをさっとA4メモ書きする
・迷わずに、止まらずに書ききる
・文は短く切る。冗長な表現はすべて削除する
・相手の立場で読み直す
・文章作成演習

イベント概要

日 時:2022年2月4日(金)
講座+ワークショップ 19:00~20:30(開場18:30)
名刺交換会 20:30~21:00
会 場:【東京・竹橋】 毎日ホール (毎日新聞社ビル地下1階)
(住所:東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1)
料 金:4,600円(税込み、資料代込み)
主 催: 毎日文化センター
お問合せ: 毎日文化センター事務局
(月~金10時~19時半、土10時〜15時、日祝休)
Tel.03-3213-4768

▼お申し込みはこちらから!
http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=1206

過去のセミナー参加者の声

  • とにかく思った通りに書き出してしまうということを、ワークを通して体験できたことが収穫でした。書いてみると意外と書けるものだなとも思いましたし、自分の場合、書けない理由はいろいろと考えすぎてしまうことだと思いました。例えばブログにしても、誰かの気を悪くするような内容なのではないかとか、批判をあびてしまうのでは、もう誰か同じようなことを書いてしまっているのでは、著作権にひっかかるのではなど、大したことでもないことを気にしてしまい、文章が進まないということがありました。そのようなブレーキをいったん外してみると、するすると見出しが出てきて考えが整理される実感がありました。
  • 「時間を縛って」「適当に」やることで、文章がひねり出せていくことを実感しました。これまでは書きたい意見を持ってるはずなのに、どうしてもまとまったボリュームの文章にならないという悩みをもっていたので、一番の困りポイントが解消できました。また、アウトプットするためには、先にまとまったインプットが必要ということも学びました。インプットがあってこそ書きたいことが出てくるのですね。
  • もっと早くセミナーに参加しておけばよかったと強く感じています。赤羽さんの本を読んでA4メモ書きに取り組んではみたものの、やればやるほど考えが出てこないと感じていました。しかし今日他の方と一緒に取り組んでみて、自分はこんなに考えていたのかと驚きました。特に印象的だったのは、書くときにカッコつけないこと。何か良いこと書かなければと自分で自分を追い込んでいたのだと実感しました。「とにかく頭の中の考えを取り出す」「手が止まったら負け」そんな風に取り組んだ結果、自分が書いた内容や考えを人に話すことを楽しめる人間だったのだと、新しい自分を発見しました。
  • 時間の制約があり、迷う隙もなければ意外とたくさん書けることが分かりました。いいものを書こうと力まず、気にせず書いた方が良い結果になることを実感いたしました。淡々と書いて後で修正すること、まずは自分がわかればよい、の気持ちでこれから書いていきます。
  • 本日も貴重な体験の場を提供いただき、ありがとうございました。A4メモ書きを続けてきて、自然と仕事やプライベートで使ううちに自分の悩みが、一切なくなっていたことに気づきました。今では意識せずとも自然に書き始めている状態で、頭の中がA4メモ書きそのものになっている感覚があります。そして今回のワークショップを受けて、「とにかくメッセージを書き出す」というメモ書き原則の他に、「人に話すこと」と「程よい緊張感のある雰囲気」も役立ちそうだと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆まぐまぐ!メルマガ「赤羽雄二の『成長を加速する人生相談』」を始めました。
メルマガ購読はこちら
https://www.mag2.com/m/0001694638
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆『ゼロ秒思考』赤羽雄二のオンラインサロンを始めました。
ご入会はこちら
https://community.camp-fire.jp/projects/view/318299
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二のLINE公式アカウントを始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
info@b-t-partners.com