記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

毎日文化センター「ビジネスマンの英語マスター術」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第5回

このイベントは終了しました。

毎日文化センター「ビジネスマンの英語マスター術」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第5回

3月より毎日文化センターにて開催している、全6回シリーズの特別ワークショップ「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」。7月25日(水)は第5回「ビジネスマンの英語マスター術についてお話をします。

グローバリゼーションが進み、英語でのやり取りを避けることができない状況になりました。海外には全く関係がないと考えていた純国内向けビジネスでも、海外からの旅行者が爆発的に増えたり、グローバル企業が日本への進出を果たして接点を持たざるを得なくなったり、少子化・高齢化の国内市場ではじり貧なので、海外での事業チャンスを探さざるを得なくなったりしているためです。

AIの発展で、素晴らしい自動通訳がまもなくできるために、英語は学ばずにすませたいと考えておられる方も多いようです。ただ、実際には、世界中の人が現在英語でコミュニケーションをしています。英語圏だけではなく、アジア、中近東、アフリカ、南アメリカ、ヨーロッパなどの各国の人がグローバルなビジネスでは皆、英語を使っています。英語は、世界共通語として確立し、普及しました。

日本人も、明治維新後や高度成長期には、英語でどんどん会話をしたり本を読んだりして、海外から吸収したり、世界中に商品を売り歩いたり、何でもやっていました。どんどんやるしかなかったわけです。

当時より圧倒的にグローバリゼーションが進み、インターネットや英語普及によって一つになった世界で我々が勝ち抜くためには、英語力を大幅に強化する必要があります。共通語になってしまったからです。今強化しなければ、グローバル化した世界で戦えなくなってしまいます。

日本人が「英語ができない」と思っているのは、英語を学校で勉強した時間の少なさではなく、「きれいな正しい英語を話したい。すらすら読みたい」と考え過ぎだがらですし、同じ日本人の英語を馬鹿にしたり卑下したりしているからですし、ただのスキルなのにむずかしく考えすぎて自意識過剰になったりしているからです。

このセミナーではここにメスを入れ、ビジネスマンにとっての必要最小限の英語マスター術についてお話し、練習方法をお伝えします。

【今回の講座内容】
・短期間でレベルアップするスピーキング練習法
・短期間でレベルアップするリーディング練習法
・短期間でレベルアップするライティング練習法

【今後の開催予定】
6/27(水)Part4「ビジネスマンの戦略的な情報収集」
7/25(水)Part5「ビジネスマンの英語マスター術」
8/24(金)Part6「ビジネスマンの賢い将来設計」

※ シリーズのセミナーとなりますが、各回ごとの参加も可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時:2018年7月25日(水)※終了しました。
セミナー  19:00~20:30(開場18:30)
懇親会  20:30~21:15
会 場:【東京・竹橋】 毎日ホール (毎日新聞社ビル地下1階)
(住所:東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1)
料 金: 4,320円(税込み)※資料代、懇親会代含む
主 催: 毎日文化センター
お問合せ: 毎日文化センター事務局
(月~金10時~19時半、土10時〜15時、日祝休)
Tel.03-3213-4768

▼お申し込みはこちらから!
http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=660

今回のセミナー参加者の声

  • 今日も楽しくためになる講座をありがとうございました。今回はリーディングのスキルを磨きたく出席しました。発見としては、「ゆっくり読まないと理解できない。」「理解してないから、戻って読もう」という考え方が、自分の理解力を落としているんだろうと思いました。また、理解力を本当に上げるためには、理解しなくてはいけない状態にすることが大事なのだと理解しました。確かに、自分の過去を振り返っても、やらなくてはいけないときには集中力が高まり、理解力が一気に高まるという感覚もあったため、やらなくてはいけない環境を作る工夫をします。
  • 英語力は一番悩んでいた事でした。電話会議で、自分からは絶対に話をしようとしなかったことがずっと気になってました。メンタルを鍛えることだったんですね。また、頭を常に鍛えるのには集中力と、英語のスピードを補うためのタイミングも大事なんだとよく分かりました。