記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

毎日文化センター「ビジネスパーソンの効果的な上司マネジメント」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第8回

このイベントは終了しました。

毎日文化センター「ビジネスパーソンの効果的な上司マネジメント」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第8回

3月より毎日文化センターにて開催している、特別ワークショップ「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」。10月12日(金)は第8回「ビジネスパーソンの効果的な上司マネジメントについてお話をします。

「上司マネジメント」はビジネスパーソンにとって、永遠の課題です。上司を変えることはできませんが、上司へのコミュニケーションのしかた、上司を満足させる仕事のしかた、社内で成果を出すやり方はあります。上司に媚びるのではなく、上司や部下を活かしつつ、まわりを巻き込んで成果を出す方法です。

ただし、そのためには、仕事、会社、人生に関してある程度は前向きな考え方が必要です。否定的だったり皮肉な見方をしていたりすると、必要のない苦労をします。

どうすればいいのか、自分なりに効果的な方法を見つけていただきます。状況によっては、今いる環境から逃げ出したほうがよい場合もあります。

上司とのコミュニケーションにお悩みの方、上司に苦手意識のある方など、ぜひご参加ください。直属の上司に限らず、社内の人間関係の改善にも役立つ内容になっています。

【今回の講座内容】

  • 上司が何を求めているのか、なるべく建設的に確認する
  • 上司の性格、スタイルの見極め方、合わせ方
  • アウトプットイメージ作成アプローチを自分で行い、上司に見せる。報告し続ける
  • A4 メモ、アイデアメモ、ロールプレイングにより、上司の立場と、上司マネジメントの本質を理解する

【今後の開催予定】
8/24(金)Part6「ビジネスマンの賢い将来設計」
9/20(木)Part7「ビジネスパーソンのリーダーシップ強化」
10/12(金)Part8「ビジネスパーソンの効果的な上司マネジメント」

※ シリーズのセミナーとなりますが、各回ごとの参加も可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時:2018年10月12日(金)※終了しました。
セミナー  19:00~20:30(開場18:30)
懇親会  20:30~21:15
会 場:【東京・竹橋】 毎日ホール (毎日新聞社ビル地下1階)
(住所:東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1)
料 金: 4,320円(税込み)※資料代、懇親会代含む
主 催: 毎日文化センター
お問合せ: 毎日文化センター事務局
(月~金10時~19時半、土10時〜15時、日祝休)
Tel.03-3213-4768

▼お申し込みはこちらから!
http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=682

今回のセミナー参加者の声

  • 上司との関係で悩んだり苦しい気持ちになっていましたが、「上司からみると自分はどういう部下なのか?」というメモを書いてみることで、今までは上司のせいにしていたけれど、じつは自分が変わる余地がとても大きいのではないか、ということに気づきました。また、上司の性格やスタイルの見極め方の箇所で、上司をマトリックスに当てはめて分析してみると、今までとは違った側面から上司のことを考えることができ、新たな発見がありました。自分の気持ちばかりに心を向けるのではなく、まずは上司を安心させることを優先させて行動する、ということをしていきたいと思います。
  • 上司の悩みを想像するA4メモは新たな発見でした。多面的な見方をメモ書きに反映して、部下としての一方的な見方を改善したいと思いました。今後は、上司を安心させるために報告の回数を今までの倍の回数に増やします。何度もやり直しを命ずる上司に対しては、とくにアウトプットイメージの精度を高めることで最終成果のイメージを共有し、予定通りの進捗で進められればと思います。
  • 「上司を不安にさせないには?」「上司が私をどんな風に見ているのか?」という視点に立って考え行動したことは、今までありませんでした。これまでは上司への苦手意識から、必要最低限なことだけ接点を持ち、やり過ごしていました。わりと前向きの私も凹まされる上司で、現在の職場では、離脱者が続々と出ているにもかかわらず、仕事量は増えても人員補充がされない現状が続いています。ただ、今回のセミナーでの学びは、現状から抜け出すために始めたもやもや解消作業もびっくりな盲点でした。
  • 「上司を変えようとするのはおこがましい」というご意見にはまさに目から鱗が落ちる思いがしました。「上司に上から教えたい、というのはエゴとプライドに過ぎない」とご指摘いただいたことも謙虚に受け止めたいと思います。今後は上司が安心できるよう十二分なコミュニケーションを重ね、そして上司が価値を出せる点において頼る、つまり可愛がられる部下を今更ながらに目指したいと思います。これは間違いなく本日のセミナーのおかげです。改めて感謝いたします。
  • 上司の気持ちになってみるというアプローチが新鮮でした。今回会場のみなさんからの質問がいつもより多く感じられ、上司との関係に悩むのは私だけでないのだと実感し、下から上の人に対しての接し方のアプローチ学があっても良いのだと思いました。一度ダメでも気を取直して、視点を変えて、自分が変わり続けることにします。
  • 本日の「上司を安心させる」という視点が大変参考になりました。今月から部署異動にて新しい上司のもとでの仕事が始まったばかりですので、よくよく上司を観察しながら、安心してもらうような行動をしようと思いました。
  • ロールプレイで自分の悪い伝え方に気づくことができました。また、上司の気持ちを考えていなかったことがわかりました。
  • 上司側の立場を理解することと上司を変えようとしないことがピタッと一致して、初めて上司に対する理解ができた気がします。