記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

ダイヤモンド著者セミナー「リーダーシップを強化して、なりたい自分になる」ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第8回

このイベントは終了しました。

ダイヤモンド著者セミナー「リーダーシップを強化して、なりたい自分になる」ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第8回

リーダーシップとは何か?

2019/2/26(火)に、東京・渋谷のダイヤモンド社にて、ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第8回「リーダーシップを強化して、なりたい自分になるを開催いたします。

リーダーシップという言葉を聞かない日はありません。「もっとリーダーシップを発揮してくれ」「彼はリーダーシップが強いが君はねえ。。」と言われることもよくあるでしょう。

ただ、じゃあどうやってリーダーシップを強化すればいいのか、上司はあまり教えてくれません。教えてくれないくせに要求をして、部下をけむに巻くことが多く見られます。

上司が教えてくれない理由は明確です。彼らもよくわかっていないからです。彼ら自身も彼らの上司に言われて、よくわからないながらも頑張ってきただけだからです。「頑張っていたら何とか昇進した」「昇進したんだから、きっとリーダーシップがあるんだろう。まあいいや」「それにしても、こいつはリーダーシップがないなあ。困ったものだ」というような感じではないでしょうか。

ブレークスルーワークショップもあと2回を残すだけですので、今回はビジネスパーソンの本丸、リーダーシップの強化にダイレクトに取り組みます。

ぼんやりしてよくわからない「リーダーシップ」とは何かを整理し、リーダーシップを発揮する勇気と知力をつけていただくワークショップです。

今回のセミナーは全国ライブ配信を予定しています。遠方の方や、ご都合で会場まで来られない方など、インターネットが利用できる環境であればどこからでも、ワークショップにご参加いただけます。

【今回ワークショップの内容】

  • リーダーシップが強い、弱いとは?
  • リーダーシップとは、第一に適切な意思決定、第二に部下・チームがついてくること
  • リーダーシップについて考えることをやめる
  • リーダーシップを強化すれば、なりたい自分になれる
  • A4メモ、アイデアメモでリーダーシップとはどういうことか、新しい視点で考えてみる
  • ロールプレイングでリーダーシップの強い人、弱い人を経験し、自分でもなりきることで客観視する

【今後のダイヤモンドセミナーの開催予定】
◆『ゼロ秒思考』ブレークスルーワークショップ(全9回)
第1回 7/31(火) 「自信をつける
第2回 8/28(火) 「もやもやをなくし、頭を整理する
第3回 9/25(火) 「落ち込まない自分、くよくよしない自分になる
第4回 10/30(火) 「君の説明はわかりにくい」と二度と言わせない
第5回 11/27(火) 「超速文章術をマスターする
第6回 12/18(火) 「アクティブリスニングによって楽して仕事ができ、人に好かれる
第7回 2019/1/29(火)「ポジティブフィードバックで好循環が始まる
第8回 2/26(火) 「リーダーシップを強化して、なりたい自分になる
第9回 3/26(火) 「部下を育て、上司として大きな成果を出す

今シリーズは、全9回で構成されるプログラムとなります。ぜひ日程のご都合をつけて、すべてのご参加をご予定ください。もちろん、関心のある回だけに参加いただくことも可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時: 2019年2月26日(火) ※終了しました。
第1部: セミナー 19時~20時30分(開場18時30分)
第2部: 懇親会 20時30分~21時終了予定
(懇親会は、プログラムの重要な部分です。ぜひご参加ください。
軽食をご用意しております。お名刺も数十枚ご用意いただけると良いかと思います。※勧誘目的での参加はご遠慮ください。)
会 場: 【東京・原宿】ダイヤモンド社 9Fセミナールーム
(住所:東京都渋谷区神宮前6-12-17)
料 金: 受講料 4,320円(税込・懇親会費用含む)
定 員: 各回70名(先着順/事前登録制)
主 催: ダイヤモンド社
お問合せ: ダイヤモンド著者セミナー事務局
(担当: 魚谷・月~金10時~17時)
E-mail: bkseminar@diamond.co.jp

※定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。お早めにお申込ください。

▼お申し込みはこちらから!
https://akaba190226.peatix.com/

今回のセミナー参加者の声

  • 今回初めて赤羽さんののセミナーに参加させていただきました。仕事の進め方に関するセミナーは、一方通行の講義や、ワークがあっても「恥ずかしがる人もいるから」という理由でアウトプットがあまりないものを受けることが多かったです。しかし、本日のセミナーでは、メモ書きやロールプレイングという「やりきる型ワーク」だったのが新鮮で、より実りがあったように思います。リーダーシップについてのメモ書きにより、リーダーとして見本にしたい身近な人が、具体的にどういう点が良いか言語化でき、メモの交換により、異なる視点や言葉で“目指したい人”の箇条書き項目が増えました。また、ロールプレイングをする中で実際に自分が経験したことを、他の方も経験されていると感じたり、その方々にとって客観的な意見を伺えました。
  • 今回のセッションは、いままでの私が考えていたリーダーシップに対する大きなパラダイムシフトでした。今までの先入感を打ち砕き、リーダーシップについて正しい認識をすることができました。リーダーシップとは適切な意思決定、部下・チームがついてくること、また、ビジョンを持ち、自分の軸を強くもつことというのはとても納得できる考え方でした。今までのゼロ秒思考のセミナーの中で、一番感動を与えられ、勇気や力をもらうことができました。これからの自分の人生にとてもポジティブな影響をあたえると信じて疑いません。
  • リーダーシップに自信はつきものだとは思っていましたが、自信を持とう!と意気込むのではなく、目の前の事象に対していかに先のビジョンを持ち、いかにがむしゃらに成果を上げていくかが大切だということに気づくことができました。まずは情熱とワクワクを持った人に。それだけを意識して目の前の成果は何なのか常に考え、周りに寄り添えるリーダーになります。
  • 「ビジョンを明確に立てることができないことは愛着、関心がないこと」というお話がとても響きました。リーダーは一番熱心に、かつ死ぬ気で取り組むことで、周りに影響力が伝わっていきます。あれこれ悩むのは時間の無駄であり、自分のマインド次第で変われるのだと分かりました。死ぬ気で取り組むことで、周りも気にせず、成果に対して進むことができるのではないかと思います。
  • 本日、初めて「ゼロ秒思考」ブレイクスルーワークショップに参加させていただきました。きっかけは、私自身かなり考える時間が多いタイプだったので、赤羽さんの著書を同僚に勧めらたことです。今日の一番の学びは「ビジョン」と「リーダーシップ」という言葉が自分の中で明確に腹落ちしたことです。私自身、色々なセミナーに参加してきましたが、どのセミナーも「ビジョン」や「リーダーシップ」という言葉がかなり抽象的だったのですが、赤羽さんの表現はとても分かりやすかったです。
  • 人を導くことためには、ビジョンを掲げたり、明瞭な言葉と判断軸をもって決断する強さと、アクティブリスニングやポジティブフィードバックを行う優しさのバランスが大切だと思いました。また、与えられた仕事や自分が直接は関係していない仕事であっても、無限に工夫の余地があります。私にはもっと多角的なインプットが必要だと感じました。

過去のセミナー参加者の声

  • 非常に有意義な時間を過ごすことができたと実感しております。本当にありがとうございました。好循環を生むには、目的に沿った仕込みをどれだけ考え続けて、そして動けるかということを再認識しました。自分の思考と向き合うには、デジタルよりも紙というアナログツールの利点を駆使する方が合理的という気付きもありました。
  • セミナーで1番驚いたのは、1人でメモ書きに取り組んでいた時よりずっと多くの文字が書けたことでした。きっちり1分と区切り、集中してメモ書きすることで、目の前のメモ書きにのみ集中する、マインドフルネスな状態を体験できたと思います。また、他業種の方々とお話できたことが本当に刺激となりました。同業者からは絶対出てこない、根幹を突くような質問をされることが本当に面白かったです。
  • 久しぶりの赤羽さんのセミナーでしたが、大変な刺激を受けました。日々頭の中を整理しているつもりでおりましたが、実際に紙に文字で落とし込んでみようとするとなかなかできず、結局は整理しているつもりだったということがよくわかりました。メモ書きを今日から始めてみます。また、ことの大小を問わず、実現したいことを常に文字に落として、関心のアンテナを張り続けようと思います。
  • 貴重なセミナーを本当にありがとうございました。明日からが楽しみになりました。A4メモに1分という短い時間で、いくつかのワークを繰り返し書き出すことで、考えが整理されスッキリして何をやったらよいか明確になりました。「好循環は準備が8割を超える」という誰にでもわかりやすい視点なので、ぜひこの概念を広めたいと感じました。これさえ忘れなければ、誰にとっても人生をよりよいものにできるのではと感じました。