記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

毎日文化センター「言いたいメッセージをすぐに書き出す」最速の企画書作成ワークショップ第1回

このイベントは終了しました。

毎日文化センター「言いたいメッセージをすぐに書き出す」最速の企画書作成ワークショップ第1回

毎日文化センターにて開催している、特別ワークショップ「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」シリーズ。第13回〜第16回は、昨年大好評だった「最速の企画書作成」ワークショップを全4回に分けて、じっくりと学んでいただきます。

3月11日(月)は「最速の企画書作成」ワークショップ第1回「言いたいメッセージをすぐに書き出す」です。

企画書作成は、ビジネスパーソンにとって基本中の基本です。ところがまともに教えられることがあまりなく、見よう見まねだったり、上司・先輩にあれこれ言われて痛い思いをしたりしながら学んでこられたのではないでしょうか。

企画書作成は、全体観を持ってトップダウンで進めれば、実ははるかに速く、はるかにストレスなく進めることができます。「最速の企画書作成」ワークショップは、昨年5月に実施して大好評だったため、12月にも再度実施しました。

今回、4回シリーズとしてさらにパワーアップし、資料作りが苦手な人でも4回の間に大きく自信をつけていただくことを目指します。

第1回のテーマは「言いたいメッセージをすぐに書き出す」。言いたいメッセージを殴り書きでいいのですぐに書き出すことができれば、企画書は一気に形が見えてきます。ただ、慣れないと、この”メッセージを書き出す”ということがなかなかできません。その壁を破っていただくためのセッションです。

赤羽自身が、マッキンゼーに入社して数年間、また初めての本『ゼロ秒思考』を書こうとして四苦八苦した2年間、壁を破れずに大変苦労した経験から、悩みをお伝えし、壁を破るヒントと具体的な手段をご提供いたします。

【今回の講座内容】
・言いたいメッセージは何かを考える
・頭に浮かんだことをすぐ、無理やりにでも書きとめる癖をつける
・もやもやがメッセージを考えるきっかけになる
・言いたいメッセージをすぐに書き出せるようになる

【今後の開催予定】
3/11(月)最速の企画書作成 第1回「言いたいメッセージをすぐに書き出す」
4/1(月)最速の企画書作成 第2回「チャートにもう悩まない」
4/23(火)最速の企画書作成 第3回「何度も何度も見直して仕上げる」
6/4(火)最速の企画書作成 第4回「インパクトを最大化する」

※ シリーズのセミナーとなりますが、各回ごとの参加も可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時:2019年3月11日(月) ※終了しました。
セミナー  19:00~20:30(開場18:30)
懇親会  20:30~21:15
会 場:【東京・竹橋】 毎日ホール (毎日新聞社ビル地下1階)
(住所:東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1)
料 金: 4,320円(税込み)※資料代、懇親会代含む
※全4回(3月から6月講座分)をまとめてお申し込みの方は、各講座につき500円割引いたします。
主 催: 毎日文化センター
お問合せ: 毎日文化センター事務局
(月~金10時~19時半、土10時〜15時、日祝休)
Tel.03-3213-4768

▼お申し込みはこちらから!
http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=764

今回のセミナー参加者の声

  • 「とにかく書き出せば、必ず前進する」この一言に尽きると実感しております。セミナー後に仕事はもちろんプライベートなど、日々のタスクのすべてを企画と見立て、アウトプットイメージの作成を行ってみた結果、あれこれ悩んでいるのは、結局、脳の錯覚でしかなく、書くだけで必ず取り組みが前進するのだという感覚になりました。あれこれ考える前に、兎にも角にも書き出していこうと思います。
  • これまで企画書作成はとてもハードルが高いものだと感じていましたが、30分で描き上げる実体験を通じ、単に自分で作成ハードルを上げて、挑戦してこなかっただけであると痛感しました。普段から様々なテーマで早く作り上げる練習をしていれば、本当に企画書を作成する必要があるタイミングでもすぐに着手することができるため、定期的に練習を行っていこうと思います。
  • これまで企画書作成はとてもハードルが高いものだと感じていましたが、30分で描き上げる実体験を通じ、単に自分で作成ハードルを上げて、挑戦してこなかっただけであると痛感しました。普段から様々なテーマで早く作り上げる練習をしていれば、本当に企画書を作成する必要があるタイミングでもすぐに着手することが出来るため、定期的に練習を行っていこうと思います。
  • 緊張しながら向かいましたが、勇気を出して参加してよかったと心から思っております。短い時間で多くのことを学ぶことができましたが、一番印象に残っているのは「躊躇せずにひたすら書く」ということです。ワークでは頭では理解していても、きれいに書こうとしたり、悩んだりして手を止めてしまうことがありました。結果として、アウトプットイメージ作成アプローチもすべてを書くことができず、かといってきれいに書いた部分の質が高いわけでもありませんでした。時間をかければよいものができるわけではないと痛感したワークでした。これは練習あるのみだと思うので、これからも継続して取り組み身につけていきます。
  • 初めて参加させていただきましたが、社長や上司がずっと本セミナーを勧めてくれる意図がわかったように思います。私自身スピードの感覚が圧倒的に弱いと日々感じておりましたので大変勉強になりました。これまで考える部分、たたきの作成フェーズに時間を費やし、とにかく頭で考えてから手を動かしていました。今回の短時間集中書き出しは他を考える余裕もなく集中して取り組めたのでスピードも桁違いでした。また、今回同時に痛感したことは知識がないとスピードを持ってかけないという事です。これまでの「時間をかければいいものができる」という固定概念を崩しまず「書き出す」という事を意識していきたいと思います。
  • すごく集中してたくさん手を動かしたのに、講座が終わったときに疲れきったのではなく元気になりました。懇親会も自分が直面している課題と向き合おうとしている意欲的な人ばかりで興味深いお話ができました。仕事に対して実際のアウトプットが少なくなっていたので「仕事内容は関係なくとにかく集中すること」という言葉を頭において明日から集中して目の前の仕事に取り組みます。
  • コンサルタントは1日目に6時間で情報収集とドラフト執筆、2日目にブラッシュアップ、3日目は寝かせておいて新たなアイデアを追記するという、具体的な行動指針を知り目標イメージが持てたのも、自分自身の今後に向けて有益でした。そのために必要な考え方や方法、他の受講生と一緒にワークに取り組む場を得られたのが非常に役立ちました。
  • 本日は貴重なお話を頂きありがとうございました。私は企画書と聞いただけでおっくうになるくらい資料まとめが苦手でした。上手くまとめなければいけない、何頁ものページ数を作成しないといけないという勝手な先入観がありました。そうするとすぐに書く手が止まってしまい、なかなか書けませんでした。今後は始めから時間を決めて、すべてを書ききることをゴールとして作成していこうと思います。言語化することが苦手だと勝手に思い込んでいたので、とりあえずは書いてみることをしようと思います。
  • 言いたいメッセージについて、とにかく時間内に思ったことを書き出す、ということをしましたが、後半の抽象度が上がるテーマについては自分の知識がなかったり、考えたことがなかったりで手が止まりかけてしまいました。目的は直感で頭の中にあるものを吐き出すことだと捉えていますが、それもまだまだ悩みながら手が止まってしまうことがあるので、ゼロ秒思考がまだ鍛えられていないなと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二の公式LINE@を始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー