記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

毎日文化センター「ビジネスパーソンの英語マスター術」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第17回

このイベントは終了しました。

毎日文化センター「ビジネスパーソンの英語マスター術」ワークショップ開催!ー「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」第17回

毎日文化センターにて開催している、特別ワークショップ「同期、同僚に大きく差をつけるビジネス遂行力の獲得」シリーズ。7月16日(火)に、第17回「ビジネスパーソンの英語マスター術」を開催いたします。

グローバリゼーションが進み、英語でのやり取りを避けることができない状況になりました。海外には全く関係がないと考えていた純国内向けビジネスでも、海外からの旅行者が爆発的に増えたり、グローバル企業が日本への進出を果たして接点を持たざるを得なくなったり、少子化・高齢化の国内市場ではじり貧なので、海外での事業チャンスを探さざるを得なくなったりしているためです。

AIの発展で、素晴らしい自動通訳がまもなくできるために、英語は学ばずにすませたいと考えていらっしゃる方も多いようです。ただ、実際には、世界中の人が英語でコミュニケーションをしています。英語圏だけではなく、アジア、中近東、アフリカ、南アメリカ、ヨーロッパなどの各国の人がグローバルなビジネスでは皆、英語を使っています。英語は、世界共通語として確立し、普及しました。

日本人も、明治維新後や高度成長期には、英語でどんどん会話をしたり本を読んだりして、海外から吸収したり、世界中に商品を売り歩いたり、何でもやっていました。どんどんやるしかなかったわけです。

当時より圧倒的にグローバリゼーションが進み、インターネットや英語普及によって一つになった世界で勝ち抜いていくためには、英語力を大幅に強化する必要があります。今強化しなければ、グローバル化した世界で戦えなくなってしまいます。

日本人が「英語ができない」と思っているのは、英語を学校で勉強した時間の少なさではなく、「きれいな正しい英語を話したい。すらすら読みたい」と考え過ぎですし、同じ日本人の英語を馬鹿にしたり卑下したりしているからですし、ただのスキルなのにむずかしく考えすぎて自意識過剰になったりしているからです。

このセミナーではここにメスを入れ、ビジネスパーソンにとっての必要最小限の英語マスター術についてお話し、練習方法をお伝えします。

【今回の講座内容】
・短期間でレベルアップするスピーキング練習法
・短期間でレベルアップするリーディング練習法
・短期間でレベルアップするライティング練習法

【今後の開催予定】
7/16(火)Part17「ビジネスパーソンの英語マスター術」※終了しました。
8/19(月)Part18「ビジネスパーソンの賢い将来設計」
9/30(火)Part19「ビジネスパーソンのリーダーシップ強化」

※ シリーズのセミナーとなりますが、各回ごとの参加も可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時:2019年7月16日(火)※終了しました。
セミナー  19:00~20:30(開場18:30)
懇親会  20:30~21:15
会 場:【東京・竹橋】 毎日ホール (毎日新聞社ビル地下1階)
(住所:東京都千代田区一ツ橋1丁目1−1)
料 金: 4,320円(税込み)※資料代、懇親会代含む
主 催: 毎日文化センター
お問合せ: 毎日文化センター事務局
(月~金10時~19時半、土10時〜15時、日祝休)
Tel.03-3213-4768

▼お申し込みはこちらから!
http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=790

今回のセミナー参加者の声

  • 学生の頃に英語を勉強して以来、社会人になってからは全く使う機会がなかったので、自分の英語力は完全に錆びついたと思っていました。しかし、ロールプレイングで相手の方と英語を使って意思疎通が出来て、「ああ、こういうことなんだ」と手応えを感じました。まずは基本的な例文を暗記する所から始めます。
  • 英語への取り組み方を見直す良い機会になりました。今までは、単語を多く覚えたり、様々なものを聞いたり読んだりしなくてはいけないと思い込んで苦しんでいました。さらに、海外の方と会議をする際にも恥ずかしい姿など見せたくないと思う自分がいて、あまり話せず適当に相槌を打っていました。今後は「思ったことを言う」「好きな分野の情報を英語で探して配信する」等、今日のセミナーで教えて頂いた方法で英語習得に取り組みたいと思います。
  • 今日気付いたことは、「何でもいいから臆せず、とにかく発言していく」と強く意識して欧米人と接する必要があるということです。私は何年も英語を話す勉強をしていますが、今日のセミナーを受け、ネイティブのように上手く話す必要はないと良い意味で諦めがつきました。今後、英語会議等に臨む際は、早めに発言すること、できるだけ長く話すことを第一に心がけます。
  • 好きなことを題材にして、楽しい努力を続ける。それが英語を身につけるのに大事なことだと知り、心に強く残りました。英語について学びに行きましたが、他の面でもたくさんの学びや気づきがありました。充実した時間をありがとうございました。
  • 英語マスター術のセミナーでしたが、全て日本語にも当てはまることだと思いました。恥ずかしさを感じているのは日本人くらいということを知り、「こんなにもったいないことはない」と感じました。そして大きな学びだったのが、「黙読する時は心の中で声を出さない」ということ。自分自身を振り返ると、出来ているときもあれば出来てないときもあります。それは全力で読んでいるか読んでいないかの差であると気付きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二の公式LINE@を始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー