記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

ダイヤモンド著者セミナー「落ち込まない自分、くよくよしない自分になる」ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第5回

このイベントは終了しました。

ダイヤモンド著者セミナー「落ち込まない自分、くよくよしない自分になる」ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第5回

※当セミナーは終了しました。参加者の声は≫こちら

A4メモ書きを習慣化してゼロ秒思考を鍛えよう!

8/27(火)に、東京・渋谷のダイヤモンド社にて、ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第5回「落ち込まない自分、くよくよしない自分になるを開催いたします。

落ち込まない人、くよくよしない人はいません。ちょっと壁にぶつかるか、逆風が吹いているか、たまたまミスしてしまったか、上司に理不尽に叱られたか、夫・妻・彼氏・彼女になじられたか、ライバルが昇進したり成功したりしたか、などで気が滅入ってしまいます。

それって何の意味があるのでしょうか。落ち込むんだり、くよくよしたりすることで何かが解決するのでしょうか。多分メリットは何もありません。

そういうと、「別に好きで落ち込んだり、くよくよしているわけではない。勝手にそうなってしまうからどうしようもないんだ」と言われるかも知れません。

でも、本当は多分違います。「落ち込む自分」「くよくよする自分」が何となく居心地がよく、これ以上恥をかかずにすむとか、「どうしたの?」と人にかまってもらえるなどもあって、そのようにしていることも多そうなのです。落ち込む癖、くよくよする癖がついてしまったとも言えそうです。

だったら、その習慣を変えることができるかも知れません。新しい視点から見ることでかなり違った自分に会えるかも知れません。

【今回ワークショップの内容】
・ 「落ち込む自分」「くよくよする自分」とは
・ これまでとは違う視点で見てみる
・ 他人の視点で見てみる
・ A4メモ、アイデアメモ、ロールプレイングなどで練習

【今期のダイヤモンドセミナーの開催予定】
◆『ゼロ秒思考』ブレークスルーワークショップ(全12回)
第1回 4/24(水) 「『ゼロ秒思考』で仕事を徹底的に速くする
第2回 5/28(火) 「即断即決、即実行を支える情報収集
第3回 6/25(火) 「もやもやをなくし、頭を整理する
第4回 7/30(火) 「自信をつける
第5回 8/27(火) 「落ち込まない自分、くよくよしない自分になる
第6回 9/24(火) 「アクティブリスニングによって仕事ができ、人に好かれる」
第7回 10/29(火) 「ポジティブフィードバックで好循環を始める」
第8回 11/26(火) 「『君の説明はわかりにくい』と二度と言わせない」
第9回 12/17(火) 「『ゼロ秒思考』で1年を総括し、2020年の計画を立てる」
第10回 2020年1/17(火) 「超速文章術をマスターする」
第11回 2/25(火) 「リーダーシップを強化して、なりたい自分になる」
第12回 3/31(火) 「部下を育て、上司として大きな成果を出す」

今シリーズは、全12回で構成されるプログラムとなります。もちろん、関心のある回だけに参加いただくことも可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時: 2019年8月27日(火)※終了しました。
第1部: セミナー 19時~20時30分(開場18時30分)
第2部: 懇親会 20時30分~21時終了予定
(懇親会は、プログラムの重要な部分です。ぜひご参加ください。
軽食をご用意しております。お名刺も数十枚ご用意いただけると良いかと思います。※勧誘目的での参加はご遠慮ください。)
会 場: 【東京・原宿】ダイヤモンド社 9Fセミナールーム
(住所:東京都渋谷区神宮前6-12-17)
料 金: 受講料 4,320円(懇親会費用含む、税込)
定 員: 各回70名(先着順/事前登録制)
主 催: ダイヤモンド社
お問合せ: ダイヤモンド著者セミナー事務局
(担当: 魚谷・月~金10時~17時)
E-mail: bkseminar@diamond.co.jp

※定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。お早めにお申込ください。

▼お申し込みはこちらから!
https://akaba190827.peatix.com/

今回のセミナー参加者の声

  • 今日は、今まさに自分が抱えている「落ち込む」「くよくよする」という問題に対して具体的なアプローチを学ぶことができ、セミナーが終わった今も脳が興奮しております。私は今の仕事で、「上司や同僚から自分はどう思われているんだろう」という漠然とした不安が常に頭から離れませんでした。しかし今日のワークを通して、自分の心配事のほとんどは根拠のない妄想であることがはっきりとわかりました。妄想というのは膨れやすいものであると同時に、妄想を妄想だと客観的に認識することでコントロールすることもまた可能なのだと気付かされました。これはセミナーに参加してこそ得られる感覚だと思います。
  • 人からどう思われているかを気にすることも、うまくいかなかったらどうしようという悩みも、妄想でしかありませんでした。事実として存在するのは、自分自身のスキルアップが必要なことで、これは変えていけることだと気づきました。今日からは、悩んだ時にはまず事実と妄想を分ける、そしてその中で、「自分で変えられる事実」を切り分けて行動に移します。
  • 悩む事が悪いわけではなくて、事実と妄想に切り分ければ、悩む項目も減ると学びました。これは、他人と過去は変えられないことにも通じると思います。自分がどうにか出来る範囲とそうではない範囲を明確に分ける事、そのためにメモを書く事を今日から実践します。意外と悩むことが好きで、悩む自分に酔ってしまう自分に気づきました。悩み以外の感情で、自分を見つめる時間と感覚を大切にします!
  • 妄想と事実を分離して書き出すという内容は、とても分かりやすかったです。今までは、どうしても妄想の部分に目を向けてしまい、解決策が見つからず負のループに入ることがよくありました。事実から導く解決策なら、今までと比べると、恐らく考え易くなると思っています。今から妄想と事実を分離して書き、事実に対しては改善策まで書くことを始めます。
  • 事実と妄想を切り分けることを実際にやってみると、いかに妄想を事実と思い込んでいたかを認識できました。落ち込んだり、くよくよする時の自分の傾向として、思い通りにいかない場合が多いことに気が付きました。そこで、自分がコントロールできることとできないことを整理し、コントロールできることを改善していけば良いのではないか、と感じました。
  • いかに自分が非生産的な悩み方をしているか気付きました。生産的な時間を増やしていくために、「ワークをやる」「悩んだらグダグダせず寝る」などの工夫をしていきます。また、人との関わり合いにおいて、今までは自分がなんとか前進させようと思っていましたが、「人は馬鹿じゃないので自分で前進できる、私はそのアシストをするだけなんだ」と認識することができました。部下との関係が楽になりそうです。
  • ロールプレイングでオブザーバーの視点になると、事実と妄想がはっきり見えるようになりました。相手の質問によっては、相談している側が自分自身で答えを見つけ出すということがありました。このように、相談する側は意外と自分の中に答えを持っているから、相談を受けた側がアドバイスをする必要はないのだなと思いました。「アドバイスして良いのは相手が健全なときだけ」という赤羽さんのお話が印象的でした。
  • 赤羽さんの本はほとんど拝読し、実践しております。とは言え、いつも自分1人で行っていたので、今日のセミナーでは3人でやるロールプレイングが想像以上に新鮮でした。人の悩みを聞いたり、相談しているのを傍から見たりしていると、とても冷静に聞くことができ、「そんなことで悩まなくても・・・」とか、「こうすればいいのにな」といった考えも浮かんできました。今後は周りの人も巻き込んで成長していきたいと思います。
  • 上司から何かを指摘をされて落ち込んだり、目の前のタスクが積み重なりすぎて何から手をつけていいかわからなくなって落ち込んだり、会議で頭が真っ白になって発言できなくて落ち込んだりと、日々落ち込むことが多く、今回のセミナーに参加いたしました。本日のメモ書きで事実と妄想を切り分けたら、いつも頭の中で負の妄想をしすぎて落ち込むというスパイラルに陥っていることが理解できました。今日からは、頭の中で妄想を始めてしまった時は、思考を切り替えるようにします。
  • メモ書きで振り返ってみると、自分が落ち込んだり、くよくよしたりする時には、一定のパターンがあることが分かりました。特に私の場合は、仕事で失敗をする等の明確な原因ではなく、団体の中で馴染めない、その分野で他の人の方がよく知っている、といったことで劣等感を感じて落ち込んだりするようです。その傾向をつかんだことで、落ち込みを回避する方法が見えてきました。また、今回は久しぶりにセミナーに参加しましたが、とても刺激を受けました。毎日自分なりにメモ書きは継続していますが、他人に刺激をもらうことが自分の成長に大変役立つことがわかりました。
  • 自分の悩みを事実と妄想に書き分けるワークを通じて、その悩みに対して自分がどのような行動を取るべきなのかを教えていただきました。「どのような工程でタスクに取り組めばいいのか分からない」→「でも上司に聞くことを遠慮してしまう」→「そして時間を浪費して上司に叱責される。」→「叱責されることによって、また落ち込んでしまう」という負のスパイラルにはまっていることに改めて気づきました。自分の取るべき行動は、先輩と積極的にコミュニケーションをとることだと分かりました。
  • 過去のセミナー参加者の声

    • 刺激的で即効性のある講義をありがとうございます。私は「世界基準の上司」を読み感銘を受けて、本日の講座を受講したのですが、1分A4メモのツールとしての強力さを思い知りました。私は業務で思い悩んだ時に社内の専門家に相談するか、本や論文を読むことで解を求めますが、メモを書きまくり、自分の中に解を見出す、という発想は持っておらず、新しい気づきでした。上司を説得し、会社を早退して講座を受けに行ったかいがありました。ありがとうございます。
    • セミナーを通して「落ち込まない、くよくよしない」という目的は達成できると感じました。事実と妄想というキーワードで、漠然とした不安を一掃できるということを体得できたと思います。ありがとうございます。今日からは、まず事実を把握することに努め、その後の不安はかきだすことで克服したいと思います。
    • 非常に有意義な時間を過ごすことができたと実感しております。本当にありがとうございました。好循環を生むには、目的に沿った仕込みをどれだけ考え続けて、そして動けるかということを再認識しました。自分の思考と向き合うには、デジタルよりも紙というアナログツールの利点を駆使する方が合理的という気付きもありました。
    • セミナーで1番驚いたのは、1人でメモ書きに取り組んでいた時よりずっと多くの文字が書けたことでした。きっちり1分と区切り、集中してメモ書きすることで、目の前のメモ書きにのみ集中する、マインドフルネスな状態を体験できたと思います。また、他業種の方々とお話できたことが本当に刺激となりました。同業者からは絶対出てこない、根幹を突くような質問をされることが本当に面白かったです。

     
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ◆赤羽雄二の公式LINE@を始めました。
    アカウントの追加はこちら
    https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     
    ◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
    info@b-t-partners.com