記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

バイナリースター Webセミナー《3倍速で個人・チーム・組織を改革し、After/Withコロナ時代に対応する方法》番外編「自分の生産性を大きく上げるアクティブリスニング実践」

このイベントは終了しました。

バイナリースター Webセミナー《3倍速で個人・チーム・組織を改革し、After/Withコロナ時代に対応する方法》番外編「自分の生産性を大きく上げるアクティブリスニング実践」

5/27(水)20時より、BINARYSTAR主催の全5回オンラインセミナー「3倍速で個人・チーム・組織を改革し、After/Withコロナ時代に対応する方法」の、番外編「自分の生産性を大きく上げるアクティブリスニング実践」を開催いたします。

連日開催しております「3倍速で個人・チーム・組織を改革し、After/Withコロナ時代に対応する方法」は、過去4回で約1500人の方にご参加いただいており、大変ご好評いただいております。

本セミナーに参加された方は、「スピードの重要性」「スピードを上げる方法」「スピードを上げることへの問題」はご理解いただけたと思います。

特に「アクティブリスニング」が重要であるということをお伝えしておりますが、「そもそも何故アクティブリスニングが必要なのか?」「取り組みたいけどどうやって行えばいいかがわからない」といったお問い合わせを多数いただいております。

そこで、今回番外編として、「自分とチームの生産性を大きく上げる、アクティブリスニング実践」を企画いたしました。

アクティブリスニングを受けてみたい方、アクティブリスニングの練習をしたい方へ、『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』の赤羽雄二と、6足のわらじを履き、メールの返信速度はときに赤羽を凌駕する井垣孝之が、参加者の方へその場でアクティブリスニングを行い、また質問にお答えするというセミナーです。

おそらく今後はこのような実践形式の企画を無料で行うことはないと思いますので、ぜひごこの機会に参加ください。

【講演プログラム】
第1回 5/13(水)20:00-21:00 「After/Withコロナはなぜスピードが重要なのか
第2回 5/15(金)20:00-21:00 「個人の速度を3倍に上げる方法
第3回 5/18(月)20:00-21:00 「3倍速でチームを改革する方法
第4回 5/23(土)15:00-16:00 「速度を上げることで起きる問題への対処法
番外編 5/27(水)20:00-21:15 「自分の生産性を大きく上げるアクティブリスニング実践
第5回 5/30(土)11:00-12:00 「3倍速で組織を改革する方法
第6回 6/5(金)20:00-21:00 「After/Withコロナ時代に対応し、さらに発展するために

イベント概要

日 時: 2020年5月27日(水)20:00〜21:00 ※終了しました。
形 式: Webセミナー
料 金: 無料 ※視聴には、Zoomアカウントへの登録(無料)が必要となります。
主 催: BINARYSTAR株式会社

▼お申込みはこちらから!
https://bangaihen.peatix.com/

今回のセミナーに参加した方の声

  • アクティブリスニング100%とは、話をしているその時間において行うものと勘違いしていました。常日頃からアクティブリスニングを常態として行うから、信頼関係が築けるし、話をしてもらえる関係ができる、という理解をしました。「どんな相手でも本気の関心を持って接することが全て」ということも自分自身のコミュニケーションを振り返る良い言葉でした。
  • アクティブリスニングで、子どもの話を100%聞き、疑問に思ったら質問することを徹底的にすると、とにかく話が終わらず、ずっと話しかけてくれました。普段から話はしていると思いましたが、アクティブリスニングを意識して聞くようになると、さらに会話が多くなりました。妻にもアクティブリスニングをすると話が止まらない。みんな楽しそうで、家の雰囲気がさらに良くなりました。人は誰でも話を聞いて欲しいと思っているというのが実感できました。
  • アクティブリスニングのセミナーは3回目か4回目なのですが、「答えを出そうとするのではなく、とにかく聞くだけ」ということを改めて実感しました。自分の意見を話そうとしない、とにかく話してもらうことを意識します。毎週30分、部下と1対1で業務確認のMTGを持っています。当初は聞くことに専念していたつもりでしたが、今週は私の方が多く話してしまっていた気がします。来週から改めます。
  • 日々、アクティブリスニングをしているつもりではありますが、どうしても自分の意見を優先して先走ってしまう面が多くあります。特に、後輩と話をする際に、「何も考えていない」「何も知らない」と思い、最初に少しだけ聞いて、結局自分の方向に向かわせてしまっています。セミナーでの実践を経て、深堀りの方法を知ることが出来ました。
  • アクティブリスニングは、傾聴ではなく、相手の関心をもって、真剣に話を聞くことであり、似て非なることがわかりました。できているつもりで、上から目線でいたので、自分の許容範囲外の話はシャットアウトしておりました。セミナー後、妻にも何気なく、自分は人の話を聞く方かどうかを聞いたところ、「すぐに遮って、自分の話しをする」と言われて、自分でも気づかないほどにできていなかったことを知りました。
  • 自分と同じ悩みを持たれている方や、全く違う状況の方のお話を伺って、意識が高い方々と同じセミナーに参加できたことを嬉しく思いました。親子関係を良くしたい、部下との関係を良くしたい、若い皆さんの純粋に良くしたいという気持ちが伝わってきて私も前向きになりました。
  • 家庭内のお話がいくつか出ましたが、自分を振り返ると心苦しい気持ちでした。子どもへの話しかけることも、結局は自分が説教するための口実になっていて、自分の気持ちを押し付けることにしかなっていませんでした。子どもの意思を尊重し、見守るように心がけ、自分自身を高めることに集中していたきたいと思います。
  • 一連のセミナーで「アクティブリスニング」という言葉が出てきたので、相手の話をじっくり聞こうと何度かトライしてみました。これは相手に関心がないとじっくり聞けないことが分かりました。関心を持ちにくい相手の場合は、自分を切り替えて(スイッチを入れて)いきます。
  • 業務について部下の話を聞いていると、相手が感情的になってしまい、支離滅裂な話が循環してしまうことがよくあります。私としては真剣に部下の話を聞いて、質問をしているつもりだと思っています。ただ、普段から部下との信頼関係が築けていないことが原因かと考えています。部下との強い信頼関係を築くためのコツなどがあれば教えてください。
  • 部下からの回答が、私の質問に答えていない、回答がだいぶズレている、深く考えていない場合に、時間があまりないとき「〇〇さんの言いたいのはxxってことですか?」とつい言ってしまうのですがNGですか?相手の話を割らないようにじっと聞いていると、だんだん回答が支離滅裂になってきて、相手も自分で何を言っているか分からなくなっている様子になり、時間がいくらあっても足りません。ちなみに、私のことが嫌いであえて答えないようにしているという感じではありません。
  • 私は比較的幼少の頃から、母に対して「私の方が大人みたい」と感じることがよくありました。その度に、「あ~またあの気持ちだ!」と、よく分からない感情と付き合い続けてきました。今日のセミナーで、幼少期に母親を亡くし、祖父母に育てられた母が、母親の愛情を十分に受けていなかったことが分かり、私自身が長年分からなかった感情をも、理解できた気がしました。アクティブリスニングは、「関心を持つ」ことの難しさを痛感しますが、メモ書きをして、実践したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二のLINE公式アカウントを始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
info@b-t-partners.com