記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

ダイヤモンド著者セミナー「即断即決、即実行のためのトレーニング:好循環を生み出す③」

このイベントは終了しました。

ダイヤモンド著者セミナー「即断即決、即実行のためのトレーニング:好循環を生み出す③」

好循環が起きるメカニズムとは?

12/26(火)に、ダイヤモンド著者セミナー「即断即決、即実行のためのトレーニング:好循環を生み出す③」を開催いたします。

シリーズ累計26万部突破の『ゼロ秒思考』シリーズ!
昨年の『ゼロ秒思考 [行動編] 即断即決、即実行のためのトレーニング』発売以降、ご好評をいただき定期的に開催してきた「即断即決、即実行の特別ワークショップ」は、A4メモ書きをはじめ、アイデアメモフレームワークオプションといった本の中でご紹介している様々なツールの習得を目指した実戦形式のワークショップです。座学だけでなく、実際に手を動かしていただいたり、他の参加者とも交流していただく演習スタイルなので大変刺激になるという感想を多くいただいてきました。

この春より新シリーズとして開催している、ひとつの大きなテーマを3回に分けて深掘りしていく連続ワークショップ。ご好評をいただき、「好循環を生み出す」シリーズを再開催しています!

12/26(火)は第3回「好循環への追い風の環境を作る」をテーマにお話いたします。”好循環”とは何か、という基本のおさらいと、好循環が一度起きたらさらに加速度的に広げていくメカニズムや、環境作りについて解説していきます。講義をした後は、ご参加のみなさまにメモ書きのワークやロールプレイに取り組んでいただきます。

世代や経験もさまざまな人たちが参加されるワークショップですので、異業種の方との意見交換ややりとりは大変刺激になります。熱心なリピーターの方もいらっしゃいますが、半数以上は初めてのご参加の方々です。同僚や友人と一緒にご受講いただくことも可能ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

講義内容

第1回 10/31 「どういう好循環を起こしたいのか考える」 ※終了しました
・好循環とは何か、どうすれば起きるのか、例に触れ、理解を深める
・起こしたい好循環のターゲットを決め、可能性を上げるためのプランを設定する
・好循環が起きるまでの我慢のしかた、心の保ち方などを知る
・次回までのアクションをまとめ、宣言する

第2回 11/28 「好循環の種まきを次々に実行し、結果につなげていく」 ※終了しました
・好循環について理解する(復習)
・好循環が起きるメカニズム、残念ながら起きそうにないメカニズムと背景を理解する
・これまでにトライした好循環へのアクションを発表し、助言を得る
・次回までのアクションをまとめ、宣言する

第3回 12/26 「好循環への追い風の環境を作る
・好循環について理解する(復習)
・好循環が一度起きたらさらに加速度的に広げていくメカニズム、環境作りを理解する
・周囲の人からの支援に火をつけ、さらに盛り上げる
・9月末までのアクションをまとめ、宣言する

今シリーズは、各テーマ3回に分けて深堀りしていくプログラムとなりますが、1回だけご参加いただくことも可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時: 2017年12月26日(火)※終了しました。
第1部: セミナー 19時~20時30分(開場18時30分)
第2部: 懇親会 20時30分~21時終了予定
(懇親会は、プログラムの重要な部分です。ぜひご参加ください。
軽食をご用意しております。お名刺も数十枚ご用意いただけると良いかと思います。)
会 場: 【東京・原宿】ダイヤモンド社 9Fセミナールーム
(住所:東京都渋谷区神宮前6-12-17)
料 金: 受講料 3,000円(税込・懇親会費用含む)、ライブ配信視聴 3,000円(税込・第1部のみ)
定 員: 各回80名(先着順/事前登録制)
主 催: ダイヤモンド社
お問合せ: ダイヤモンド著者セミナー事務局
(担当: 魚谷・月~金10時~17時)
E-mail: bkseminar@diamond.co.jp

※定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。お早めにお申込ください。

▼お申し込みはこちらから!
http://akaba20171226.peatix.com/

今回のセミナー参加者の声

  • 講演では、いわゆる「好循環」とはどのようなものなのか学ぶことができました。今何をすべきかの書き出しワークショップも、確かに、短い時間でしろと言われると何のつっかかりもなく始めることができ、他者との意見交換の中で新しい打ち手の知識も手に入り、頭の中を整理することができました。大変満足のいく講演会でした。誠にありがとうございました。最終的に感じたことは、やはり「自分の人生の指針」を持つことが一番大事だということです。
  • セミナー、非常に楽しくお話をうかがうことができました。ありがとうございます。とても印象的だったのが、「ギブ、ギブ、ギブというのが前提」というお話です。最近、仕事で多くの案件を回すことができるようになったのは良いのですが、お客様に対して必要最低限の対応で済ませようとしがちな自分に気が付きました。業務の効率化を図り、時間的、精神的余裕をつくることで、お客様へのプラスアルファのギブを提供できるよう、赤羽さんの本に書かれていたことをさらに実践していきます。
  • 昨日は大変有意義なセミナーを受講させていただきまして、誠にありがとうございました。自分の目指していることを実現するために、興味が多岐にわたり、整理がつかなくなっていましたので、これらを整理する手法が習得できたことが最も大きな成果でした。さらに、自分の考え方を文字にして、紙に書き、知らない他人に声に出して伝えることが重要だということにも気づきました。まだスタート地点に立ったところではありますが、今後赤羽さんの著書なども読ませていただきながら、好循環を生み出して行きたいと思います。
  • 好循環を生み出すワークショップ、お話されていた通り、2回目はかなりスピーディかつ濃い内容をアウトプットすることができ、1回目との違いを実感しました。マクロ環境やリベラルアーツの話から、いまから誰でも実践できる具体的方法まで、今日も赤羽さんから大きな刺激を受けました。
  • 貴重な機会をありがとうございました。好循環をつくっていくサイクルについて、スピード感の大切さや周りを巻き込む力など、沢山の気づきがありました。この春に転職を予定しており、将来的には独立して仕事をしていく状態にしたいと考えております。目的からくる今やるべきことをタスクに落として実践していきます。
  • 実現したいことへのステップが、1分集中して書き出すだけで8割は現状整理され、打ち手が見えたのでこれを習慣化して思考スピードをあげようと思いました。「実現したいこと=解決したい問題がある」ことに気づき、そもそもその問題が発生しないようにするにはどうしたらいいかという思考に転換することができ、問題回避のための手立ても考えるきっかけになりました。
  • セミナーを通して、頭の中の吐き出しを行う事で、俯瞰して自分を見つめることができました。また、日常、仕事ではやらないといけないタスクを可視化することで優先順をつけて取り組むことができました。
  • 本日のセミナーでの1番の発見は、私自身ががんばることはもちろんのこと、もっと、「身近な人、友人知人に役立とう」と考えたことです。「周囲の人からの支援に火をつけ、さらに盛り上がる」ことを考えている際に思いつきました。私自身、モチベーションがあがります。

セミナー参加者のブログ

本セミナーをご紹介いただいているブログ記事をご紹介します。

過去のセミナー参加者の声

  • セミナーで1番驚いたのは、1人でメモ書きに取り組んでいた時よりずっと多くの文字が書けたことでした。きっちり1分と区切り、集中してメモ書きすることで、目の前のメモ書きにのみ集中する、マインドフルネスな状態を体験できたと思います。また、他業種の方々とお話できたことが本当に刺激となりました。同業者からは絶対出てこない、根幹を突くような質問をされることが本当に面白かったです。
  • 今日の好循環のセミナーは、正直とても楽しかったです。好循環を生み出すためのアイデアメモは、今何をすべきかと、何が必要で何がいらないのか、ぼやっとしていたものが、見えてきました。無心で書いて、話してさらに考えが明確になってくる流れが、楽しいです。また、ほかの人に話すと違う切り口を指摘してくれます。それがセミナーに参加することで得られるかけがえのないものだなと、改めて感じました。
  • 好循環を生み出すために、自分で種まきをするという事前準備の発想が、戦略的で大変興味深いものでした。社会人になりちょうど一年が経ったところですが、私の直近の課題として、ある案件を円滑に進めるために、いかに年次が上の人を説得し動いてもらうか、ということがあります。本日の好循環のお話を聞き、自分自身の知識を増やし、相手に説得感を持たせるくらいの会話力を持つ、ということから始めようと思いました。メモ書きトレーニングを早速始めます。
  • 非常に有意義な時間を過ごすことができたと実感しております。本当にありがとうございました。好循環を生むには、目的に沿った仕込みをどれだけ考え続けて、そして動けるかということを再認識しました。自分の思考と向き合うには、デジタルよりも紙というアナログツールの利点を駆使する方が合理的という気付きもありました。
  • セミナーというリアルな場において、赤羽さんや参加者の皆さんのエナジーを体感することで、刺激を受け、成長への意欲が高まりました。