Blog
ブログ記事

『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』

『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

こちらの書籍では、マッキンゼーに勤務した14年間の経験の中で生まれた、基礎的な思考力を鍛えるためのトレーニング「メモ書き」について、実例も交えながら解説をしています。

≫ 『ゼロ秒思考』公式Facebookグループ

メモ書きとは?

「メモ書き」とは、A4の紙に1件1ページ、4~6行、各20~30字を書くというシンプルな作業です。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分程度でさっと書きます。ページ数は、朝起きてから寝るまでの間、1日に10ページです。難しいことはありません。シンプルなトレーニングです。

このトレーニングを3週間続けることで、
・基礎的な思考力が向上する。
・心のコントロールができるようになる。
・ストレスや不安が軽減される。
・前向きに明るく生きることができるようになる。

といった効果を実感することができます。現在に至るまで二十数年にわたって改良を続け、クライアント先で実践してもらうことで、すでに数千人を超える方がワークショップに参加され効果を実感しているトレーニング方法です。

書籍の目次

第1章 「考える」ためのヒント
第2章 人はゼロ秒で考えられる
第3章 ゼロ秒思考をつくるメモの書き方
第4章 メモを使いつくす
第5章 メモの整理・活用法

書籍に関するブログ記事 ★ピックアップ★

ゼロ秒思考を読んだ感想や、メモ書きを体験してみた効果等をまとめていただいているブログの中から、とくにおすすめの記事をセレクトしてご紹介します。

読者の方からの感想

実際にトレーニングをしてくださった方や読者の方から多くの感想をいただいておりますので、一部ご紹介いたします。

  • 今までに読んだどのビジネス本よりも、本質的かつ身に付く内容で、さらに(読者からの質問などに)親身になって答えてくれるという信じられない本に出会い、感動しています。マコなり社長のYouTubeで紹介されているのを見て『ゼロ秒思考』を購入し、Vコーンも購入して毎日メモ書きをしています。1分間を計って、集中して出来るようになってきました。「ゼロ秒思考」に到達できるよう、継続してまいります。
  • 私は20代の会社員です。『ゼロ秒思考』を読んで感銘を受け、数ヶ月前から実践し、効果を感じております。営業職なので、お客様に対し提案を行う機会が多いのですが、「A4横置き1枚1分で書く!」ことを意識して実践しただけで、今まで作っていた提案書とは比べ物にならないぐらいの仕上がりになりますし、お客様の反応が変わっていくのを実感しております。もっと早く本書に出会えていたら人生が大きく違っていただろうな、という気持ちになりましたが、この年齢で出会えただけでも十分と考えるようにします。私は毎月10冊以上は読書をしますが、こんなに感銘を受けたことはありませんでした。ありがとうございました。
  • 私は高校のハンドボール部の監督をしています。生徒をもっと伸ばしたい、力をつけさせたい、社会に出てからも力強く生きて欲しいという思いで、日々指導をしています。しかし、上手くいかない日々が続いていました。そんな時に『ゼロ秒思考』と出会い、A4メモ書きを実践し始めたところ、「何が問題点なのか」「何が良い点なのか」「自分の思いはどうなのか」と本当に考えられるようになってきました。まだまだ足りない部分もありますが、このメモ書きを通して、生徒のために仕事ができるように必ずなります。
  • 『ゼロ秒思考』を読み、とても感動しました。すぐにA4用紙を買い、メモ書きを実行し続けて一か月半が経ちました。効果は絶大でした。職場での悩みがほぼ解消されたこと、自分のやりたい事が見つかったこと、長時間YouTubeを見る癖が解消されたこと、自身の思考の癖が分かり始めたことなど、多くの効果を得ることができました。
  • 私は現在、社会人一年目です。この本を知ったきっかけは、思考力を上げたいという漠然とした気持ちから、インターネットで検索して『ゼロ秒思考』というタイトルに興味を持ったことです。本を読んで、自分は思考しているのではなく、思考した気になっているのではないかと気付かされました。私は何か大事な考え事をする際に、たくさん時間をかけようと思ってしまいます。しかし、時間をかけるのは、本質から逃げて量でカバーしようとしているだけだと気付きました。これからはゼロ秒思考を身につけるために、1分間のA4メモ書きを継続していきたいと思います。
  • A4メモを継続することで、考える力や想像する力が養われました。それらをフル活用することで、今までだったら思いつかないような視点での改善ができました。書く力はもちろん、論理的に考える力や話す力も養われるので、変わらず生徒には必ずやるように薦めています。生徒だけでなく、家族や友人知人にも薦めています。
  • 家庭のことや仕事のことで、「傍目には何不自由ないはずなのに、なぜ自分は満足出来ないのか?」「自分は本当にこのままでいいのか?」と一年近く悩んでいました。そんな折、偶然『ゼロ秒思考』を読み、早速メモ書きを始めてみると、すぐに効果が出てきました。その結果、身の回りの出来事に一喜一憂することなく、出来事をあるがまま受け入れられる、冷静な精神状態でいられるようになってきたと自覚しています。それにより心に少し余裕が出てきて、何となく前向きに、また周囲とのコミュニケーションも良好になった気もしています。まだ常時この状態を維持できるわけではありませんが、より習熟していけるよう、継続したいと思います。ゼロ秒思考のおかげで、だいぶ楽になりました。
  • メモ書きを実践してみて、ただ考えるだけでは解決できないと分かりました。書くことで考えが明確化でき、整理ができるから頭の中からモヤモヤが消える。どうすればよいか考え行動に移すことができるようになるだけではなく、相手にも分かりやすく説明ができるよう言葉を紡ぐ力も身に着けられる。私にとってメリットが多いやり方だと思いました。主婦歴が長いせいか、情報収集アンテナが鈍くなっていることも痛感しました。もっといろいろなことを吸収したいと思っているだけではなく、実際にネットを使っていろいろな情報を見たりしてアンテナを磨きたいと思いました。
  • 「A4メモ書き」のおかげで、自分自身のキャリアプランの整理ができました。漠然と前職に不満がある状態だけでは何も前に進まなかったと思います。毎日朝の喫茶店でコーヒーを飲みながらA4メモ書きで自身の現状、将来なりたい姿、そこまでのギャップ、ギャップを埋めるための手段としての転職理由、転職後の姿(10年後も踏まえ)、なぜ今の会社かetc 全てを書き出した結果、自分自身が納得して、自分の言葉で語れました。そのことが大いに転職の助けになったと思っています。頭の整理が一歩前に進める指針を見出すきっかけにもなること、A4メモ書きを通してその素晴らしさを実感しました。
  • 時間をかければ考えが深まるとは限らないということは、経験値としても薄々感じておりましたが、本書を読んで腹落ちしました。仮説を立て必要な情報を集めた上で、素早くアクション・判断ができるように、早速メモ書きを始めていきます。優柔不断な性分なもので、仕事によらず、プライベートでも大きな効果が期待できそうで、わくわくしております。“無駄に”悩んでいる時間を減らして、公私共に生産性の向上に繋げていきます。
  • 大変な衝撃とともに、文章の記載方法の奥深さに感動しました。文章に頭のモヤモヤを落とし込んでいくと、頭の回転が速くなることを実感しています。また、会話中も頭の中に「A4用紙」が存在するようになり、議論の最中に話が脱線しても、本線に戻り、また話を進められるようになりました。これもメモ書きのおかげだと思います。良い本を書いて頂き、大変感謝しております。これからも様々な知恵を頂ける事を楽しみにしております。
  • 『ゼロ秒思考』の本を読ませていただき、すごく興味があったのでメールさせていただきました。私は小学六年生で、毎日10ページまではあまりできていないのですが、頑張ってやるとすっきりするのですごく感謝しています。深く考えられる方法は学校でも教えてくれないので、本屋で三度ほど足をとめてしまい、三冊目のビジネス本となっています。
  • 普段から考えが浅く、会議での質問も出来ず、プレゼンもセリフを考え、いつも型にはまったプレゼンしか出来ず、非常に悩んでいました。これから管理職に昇進する上で、どうしてもこの点を改善したいと思っていたところ、この本に出会い、感銘を受けました。早速、今日からメモ書きに取り組んでいきたいと思います。また、結果についてはご迷惑でなければ、ご報告させていただきます。本当にありがとうございました。
  • 就職活動を期に、赤羽さんが書いた本に出会い、今では色々な場面で応用させていただいています。特にエントリーシートを書く際や自己分析を行う際に活用し、効果を発揮しています。おかげで、最近は思考力が飛躍的に伸びるような気がし、もっと早く出会えていたらと思うばかりです。これからの就活だけでなく、人生においても役立てていきたいです。素晴らしい本を書いていただきありがとうございました。とても感謝しています。
  • 自分は頭の回転が遅く、今までにも多くの自己啓発本に手を出し実践してきましたが、テクニックなど難しいものが多く、挫折ばかりを繰り返してきました。しかしこの本を読んだ時は、こんなにも簡単な方法で頭の回転が速くなるのかと目から鱗でした。この本に出会えた事と、著者である赤羽さんに感謝しています。
  • 『ゼロ秒思考』を読み、ここ1ヶ月ほどメモ書きを実践しています。私は思考を整理して言語化することが苦手で、言いたいことを相手に伝えられないことが度々ありました。1ヶ月続けてみて、最近では考えを出していくことがとても楽しくなってきました!相手の話を理解しながら聞くことがとてもスムーズになりました。また、これまでは、着る服、食べるもの、行きたい場所、仕事、自分のやりたいことなど、日々の選択が優柔不断の私にはストレスになっていました。メモ書きで、本当に必要なものと必要でないものを分けたり、シンプルにしていくことで、ストレスが少しずつ減りました。余裕が生まれたことで、視野が広がり、人に対してもとても優しくなり、一つ一つの行動が丁寧になったと感じています。
  • 現在、就職活動をしている中で、自分の考えを明瞭且つ端的、的確、ロジカルに相手に伝える難しさをひしひしと感じております。SNS等のコミュニティツールや紙の原稿に文章を書く、まとめることに関しては、ある程度は自信はあり、思っていることも容易にスルスルと書けますが、話すことに限っては、しばしば相手に伝わってないことがよくあります。ある企業でコーチングをしている方から、コミュニケーション能力や話す力の低さを指摘されたこともあり、赤羽さんの本を「話す力を鍛えるため」に購入させて頂きました。私自身、これから控える企業の面接時までに少しでも話す力を鍛えたく思っております。メモ書きを通して、話す力を長期的に自分のものとして体系付けして身に付けていきたいです。
  • メンタリストのDaiGOさんがおすすめの本として紹介されていて『ゼロ秒思考』を知り、読ませていただきました。冒頭の「日本では考える訓練があまりされていない」という部分に感銘を受け、この本を読んで深く考えることと、考えるスピードの訓練をしたいと思いました。本の内容も、なぜメモ書きが必要なのか、なぜメモ書きが有効な手段なのかがカテゴリーごとに分かりやすくなっていて、メモ書きをやる意味を強く感じることができました。すばらしい本をありがとうございます。
  • 私は、大学4年生で来春より社会人になる予定です。そこで、以前より課題を感じていた「思考スピードの遅さ」をどうにか改善したく思い、『ゼロ秒思考』を拝読しました。感想としましては、「シンプルだけれども本質だ」の一言に尽きます。誰でも思いつきそうな手法だけれども、一見効率的に思えないために取り組まない。その壁を壊すのが1分という時間の目安なんだと思います。もやもやが取れなければ5枚でも10枚でも書けば良い。それでもたった10分の出来事。10分なんて、今までの自分にとっては、悩んでいたら一瞬で過ぎる時間であったので「やられた」と思いました。本質を突いた素晴らしい本をありがとうございました。今後、メモ書きに取り組んでみようと思います。
  • メモ書きをはじめて4か月が経ちます。メモ書きに出会うまでは、私はまさに考えが堂々巡りしてなんにも解決できないタイプでした。そんな私が、メモ書きを始めて3日ほどで、日常の出来事の理解が速くなるのを感じました。さらに、1か月も続けると、たいていのことはメモ書きでどうすればいいか考えることができました。そして先日、メモ書きによってずっと蓋をしてきた自分の感情と向き合うことができました。最初は母に対する愚痴を書いていたメモ書きが、「私は小学生のころから母親に言葉の暴力を受けてきた」という内容になっていき、そのことを誰かに言うと母親に悪いと思い黙ってきた自分を知りました。すぐにカウンセラーを探し、自分の感じていたことは「母親からのモラルハラスメント」であったことを知りました。長い間母に怯えながら覚えてきた、母にとって都合のよい行動を「クセ」として今も社会で続けている自分がいて、そういう自分を嫌いにならないでいられることも、すぐに「カウンセリングだ!」と次のアクションに移れたことも大変大きな救いです。今とても、メモ書きに支えられているんです。一生ものの大切な習慣になります。本当に本当に、ありがとうございます。
  • 6歳の娘にメモ書きをやらせてみました。テーマを自分で決めさせ、まだ書くのが遅いので、テーマと日付を書いてから1分間測ってやりました。 自分で何をしたいか?と聞いたら、「小さい子に優しくする」というテーマでした。
    -ゆずってあげる
    -あそんであげる
    -わらうこと
    -ふざけない
    -いじわるをしないこと
    ということで、人間関係を結ぶにあたって、とても大切なことをよくわかっていると感動でした。言葉の正確な書き方などはまだまだこれからですが、言葉を覚えるよりも、頭にこうして浮かんでいる事実自体が素晴らしいですね。 言語獲得が進むにつれて、どうなっていくか楽しみです。
  • これまで様々な書籍に接してきましたが、これほどシンプルかつ明快に、しかも効果的なトレーニングを紹介している書籍は目にしたことがなく、まさに自分が探し求めていた答えがここに!・・・と感動を覚えました。素晴らしいノウハウを世に送り出して頂いたことに、心より感謝申し上げます。
  • 「ゼロ秒思考」拝読いたしました。実際にメモを書いてみましたが、自分でも驚くほどの効果があって感動しています。最近仕事のパートナーたちとうまくコミュニケーションが取れずに悩んでいたのですが、メモのおかげで、その原因が自分の彼らに対するフィードバックの仕方にあったと気付くことができました。メモを書く前は、原因は自分ではなく彼らにあると思い込んでいたのでまさか自分に原因があると自分で気づけるとは思いませんでした。しかも書いたメモは5枚程度です。メモを続けてもっと速度と精度を上げてゆきます。本当にありがとうございました。

この他にも、多くのご感想を頂いています。下記のページもぜひご覧ください。
▼就職活動や大学生活の悩みをすっきり!『ゼロ秒思考』読者の声 ー大学生編ー
https://b-t-partners.com/user-voice/5243
▼仕事のトラブルも冷静に対応!家庭内にも好循環が。『ゼロ秒思考』読者の声 ー社会人編ー
https://b-t-partners.com/user-voice/5317

書籍に関するブログ記事・メディア記事

ゼロ秒思考を読んだ感想をまとめていただいているブログやメディア記事です。

メモ書きの広がり

「ゼロ秒思考」を読んだ方が、A4メモ書きワークを小学生・中学生向けに行った事例をご紹介します。
塾通い等が難しい家庭の子供たちを対象としたワークショップで、メモ書きによって目標を達成する力や物事を習熟する力をつけることを目的としています。
塾に通うことが困難でも、勉強は自分ひとりでできるものです。メモ書きのワークショップによって、勉強にかぎらずスポーツ、楽器、コミュニケーションや仕事などありとあらゆる文化に適応する力をつけることを目標としています。ワークショップの結果、下記のような感想が寄せられました。

  • ボランティアスタッフのAさん:これは本来ならば、お金をとれるセミナーの内容だと思う。貴重な時間だったと思う。
  • 小学生:わかりやすくてよかった。不思議なやり方だった。
  • 中学生:面白い内容だった。選ばれたテーマが自分のやることと直結していてよかった。

『ゼロ秒思考』海外版も好評発売中!

英語版のご購入はこちら

タイ版のご購入はこちら

台湾版のご購入はこちら

中国版のご購入はこちら

book_f01

韓国版のご購入はこちら

読者の方からの感想(海外編)

「ゼロ秒思考」の韓国版を読んだ読者の方からメールをいただきました。
韓国の昌原市にお住まいの30代後半の女性だそうです。20代~30代前半に大変苦労したそうで、やや自暴自棄になっていたところ、書店で「ゼロ秒思考」を見つけていただいたようです。抄訳ですが、お読みください。

***************************************************************************************
赤羽さんの本をちょうど会社で読み終わったばかりです。胸がいっぱいで、いつも複雑な頭の中ですが、小さな希望が見えました。本を読みながら、会社での事柄を2-3個すぐ書いてみました。

私はこれまで喧嘩したことがほとんどありませんが、いつも人にやられてから、こう言えばよかったのに、ああ言えばよかったのにと後悔する性格です。頭の中が複雑すぎでいつも自分自身が嫌です。一言で考えてることは多くても、整理がつかない爆弾なんです。

今回をきっかけにし、考えていることを文章に取りまとめ、自分が追求する「人生」まで到達できる「私」になることを願っています。昨日書店に向かったのは偶然ではなかったことを、数年経ってから、それが結果として現れることを願ってます。

書籍に関するブログ記事(海外編)

これまで、5か国語で『ゼロ秒思考』の翻訳本が出ています。海外版を読んでまとめていただいたブログをご紹介します。

関連ページ★こちらもおすすめ★

当サイト内の『ゼロ秒思考』に関連するページをご紹介します(新着順)。「ゼロ秒思考」への理解が深まる記事や、多様な活用事例など、実践に役立つ情報をぜひご覧ください。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二の公式LINE@を始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
info@b-t-partners.com