記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

「『ゼロ秒思考』のA4メモ書きと2x2フレームワークによる医療事故の原因探求、課題整理、解決策立案」第13回 医療の質・安全学会学術集会 in 名古屋市

このイベントは終了しました。

「『ゼロ秒思考』のA4メモ書きと2x2フレームワークによる医療事故の原因探求、課題整理、解決策立案」第13回 医療の質・安全学会学術集会 in 名古屋市

11月24日(土)に、名古屋市で開催される第13回 医療の質・安全学会学術集会「医療安全の改善に明確に有効なフレームワークとは何か?」というセッションにて、講演とパネルディスカッションに登壇します。

講演のテーマは「『ゼロ秒思考』のA4メモ書きと2x2フレームワークによる医療事故の原因探求、課題整理、解決策立案」です。

最近、マスコミでも頻繁に報じられる医療事故の増加に伴い、全国の標準的な医療施設では全病院に医療安全委員会が設立され対策が応じられています。さまざまな改善手段にて医療安全推進事業が行われ、現場の医師たちは安全対策手段を、航空業界や宇宙業界、原子力業界の手段に求めて導入してきましたが、ほとんどその効果を認めていないのが現状です。さらにヒューマンエラーに対して、国から新たに導入された膨大な書類の処理も、医療作業の遅れにつながっています。

そこで、今回のセミナーでは、マッキンゼーで14年間、企業の経営改革や、意識・行動改革に取り組んだ赤羽雄二の経験をもとに、『ゼロ秒思考』でご紹介しているA4メモ書きやフレームワークを用いて、いかにすばやく膨大な医療事故の原因を分析し、医療事故削減に向けた効果的な解決策を導きだすためのメソッドをご紹介いたします。

講演後は、赤羽の他に、株式会社メディカルクリエイトの遠山峰輝さん、株式会社メディヴァの小松大介さんなどが登壇し、「医療安全の改善に明確に有効なフレームワークとは何か?」という問いで、パネルディスカッションを行います。

講義だけでなく、ご参加いただいた方には実際にワークを実践していただきます。スピード感あふれる、マッキンゼー流の問題解決手法をぜひご体感ください。

プログラム内容

K-12(パネルディスカッション)
医療安全の改善に明確に有効なフレームワークとは何か?
~マッキンゼー式手法から考える~
座長: 田岡 大樹さん (鈴鹿中央総合病院外科)

基調講演
演者:
「『ゼロ秒思考』のA4メモ書きと2x2フレームワークによる医療事故の原因探求、課題整理、解決策立案」
赤羽 雄二 (ブレークスルーパートナーズ株式会社)
「医療安全管理を活性化させる問題解決手法と組織マネジメントとは
~マッキンゼー流病院経営コンサルタントの視点から~」
遠山峰輝さん (株式会社メディカルクリエイト)
「健全経営に向けた、医療安全の積極的な活用」
小松大介さん (株式会社メディヴァ)

公開討論
赤羽雄二 (ブレークスルーパートナーズ株式会社)
遠山峰輝さん (株式会社メディカルクリエイト)
小松大介 さん(株式会社メディヴァ)
堤達朗さん (エムスリー株式会社)
大嶋祥誉さん (センジュヒューマンデザインワークス)

イベント概要

日 時: 2018年11月24日(土)14時40分~16時10分 ※終了しました。
会 場: 【愛知・名古屋】名古屋国際会議場 第7会場
〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号
主 催: 一般社団法人 医療の質・安全学会
問合せ: 第13回医療の質・安全学会学術集会 運営準備室
TEL: 03-3508-1214
E-mail: 13jsqsh@convention.co.jp

▼イベント詳細はこちら
http://www2.convention.co.jp/13jsqsh/program/

今回のセミナー参加者の声

  • 登壇された皆様のスピーチの豊富さに圧倒されました。今まで行ってきた分析法を見直します。
  • 医療安全に使用できそうな2x2のフレームワークの見本をもっとみたかったです。
  • 患者に安全な医療を提供したいという共通の思いがあるので、職種間での風通しを良くする手段についてもっと聞きたかったです。

今回のセミナーの風景

当日は、約80名の立ち見の方も含めて215名もの方々にご参加いただき、大盛況となりました。ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。