記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

ダイヤモンド著者セミナー「自信をつける」ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第4回

このイベントは終了しました。

ダイヤモンド著者セミナー「自信をつける」ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第4回

A4メモ書きを習慣化してゼロ秒思考を鍛えよう!

7/30(火)に、東京・渋谷のダイヤモンド社にて、ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ第4回「自信をつけるを開催いたします。

自信があれば、仕事にもプライベートにもどんどん取り組んでいくことができ、成果も出ます。毎日がエキサイティングです。自信がないと、うまくいくはずのことができなかったり、過剰に躊躇したりします。

すべての行動の基本であり出発点である「自信」について、「自信があるとか、ないとか言うのはどういうことなのか」「本当に自信がないのか」「自信をつけるためにどうすべきか」「どこから取り組んですぐに変えるにはどうしたらよいのか」などを掘り下げていきます。

「もっと自信を持って行動しなさい」と言われても、どうしようもありませんし、参考になりません。どうすれば自信を持てるのか、どうすれば「自信」を気にせず、前に向かって進めるのか、一緒に考えたいと思います。

ワークショップその日から取り組める、新しい考え方と習慣の身につけ方をご提供します。

累計28万部突破の『ゼロ秒思考』シリーズ発売以降、ご好評をいただき定期的に開催してきたダイヤモンド著者セミナー。4月より全12回開催される「ゼロ秒思考ブレークスルーワークショップ」は、A4メモ書きをはじめ、アイデアメモやフレームワーク、オプションといった書籍でご紹介している様々なツールの習得を目指す、実習形式のセミナーです。

既存のプログラムも随時アップデートいたします。座学だけでなく、ご参加いただく会場のみなさんにも、実際にワークに取り組んでいただくので、書籍の内容もより深く理解していただけます。

【今回ワークショップの内容】
・ 「自己肯定感」と「自信」に関して
・ 愛着障害と、自分の生い立ちへの理解
・ 自信があってもなくても、自信があるようにふるまう方法
・ 「自信」などどうでもいい、自信のある行動とは
・ メモ、アイデアメモ、ロールプレイングなどで練習
・ 人間関係と自信についての理解を深める必読書

【今期のダイヤモンドセミナーの開催予定】
◆『ゼロ秒思考』ブレークスルーワークショップ(全12回)
第1回 4/24(水) 「『ゼロ秒思考』で仕事を徹底的に速くする
第2回 5/28(火) 「即断即決、即実行を支える情報収集
第3回 6/25(火) 「もやもやをなくし、頭を整理する
第4回 7/30(火) 「自信をつける
第5回 8/27(火) 「落ち込まない自分、くよくよしない自分になる」
第6回 9/24(火) 「アクティブリスニングによって仕事ができ、人に好かれる」
第7回 10/29(火) 「ポジティブフィードバックで好循環を始める」
第8回 11/26(火) 「『君の説明はわかりにくい』と二度と言わせない」
第9回 12/17(火) 「『ゼロ秒思考』で1年を総括し、2020年の計画を立てる」
第10回 2020年1/17(火) 「超速文章術をマスターする」
第11回 2/25(火) 「リーダーシップを強化して、なりたい自分になる」
第12回 3/31(火) 「部下を育て、上司として大きな成果を出す」

今シリーズは、全12回で構成されるプログラムとなります。もちろん、関心のある回だけに参加いただくことも可能です。シリーズの途中からでも、初めての方もぜひご参加ください。

イベント概要

日 時: 2019年7月30日(火)※終了しました。
第1部: セミナー 19時~20時30分(開場18時30分)
第2部: 懇親会 20時30分~21時終了予定
(懇親会は、プログラムの重要な部分です。ぜひご参加ください。
軽食をご用意しております。お名刺も数十枚ご用意いただけると良いかと思います。※勧誘目的での参加はご遠慮ください。)
会 場: 【東京・原宿】ダイヤモンド社 9Fセミナールーム
(住所:東京都渋谷区神宮前6-12-17)
料 金: 受講料 4,320円(懇親会費用含む、税込)
定 員: 各回70名(先着順/事前登録制)
主 催: ダイヤモンド社
お問合せ: ダイヤモンド著者セミナー事務局
(担当: 魚谷・月~金10時~17時)
E-mail: bkseminar@diamond.co.jp

※定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。お早めにお申込ください。

▼お申し込みはこちらから!
https://akaba190730.peatix.com/

今回のセミナー参加者の声

  • 環境に左右されない自分を確立するために、どうやって自信を保つのかという課題意識があり、本セミナーに参加しました。しかし、「自信なんてどうでもいい」「自信とスキル、成功は無関係」というお話は目から鱗でした。自信という形のないものをどうコントロールするかと悩んでいましたが、そんなことを気にせずに行動するという指針を頂いたように感じております。
  • 「自信がないのは思い込み」「自信の有無は成果とは無関係」ということが分かりました。親にしてもらったことを書き出してみて、自分自身が親から1人の人間として信じてもらい、放任ではないが自由にさせてもらったことに気づき、改めて感謝の念が湧きました。
  • 自信の無さがどこから来ているのか、という具体的な説明がとても面白かったです。育った環境や愛情の無さなど、見直すところが多くありました。今日から、他人にアドバイスをするのをやめようと思います。相手の話を全部聞くことを意識したいです。
  • 今回セミナーに参加したことで、「明日からの自分をちょっと変えられそう」という前向きな気持ちになり、本当に来て良かったと思いました。私は、自分自身が愛着障害だと自覚しています。複雑な家庭環境で育ったため、自己肯定感がとても低く、一方で承認欲求はとても強く他人に求めすぎてしまいます。育った環境が原因だから仕方ないと思っていましたが、今日のセミナーでは第三者的かつ学問的な視点で愛着障害について見ることができ、自分自身についても客観的に捉えられました。ワークシートを使う具体的な方法を教えてもらえたので、これをやることで今の自分から抜け出し、変われるのではないかという希望が見えました。まずは、このシートに書くことを毎日続けてみようと思います。
  • 今回初めて参加しましたが、様々な年代の人と一緒に会話をしながら「自信」というテーマについての考えを変えることができ、また自分自身の過去についても見直すことができました。向上心を持って努力されてきた方達の悩みや考えを聞くことができ、さらにそのような方達に大学生である自分の話も聞いてもらえて、とても嬉しく貴重な体験ができました。
  • 「質はどうでもいいからとにかく速くやって成功体験を得る」というお話が、一番心に残りました。赤羽さんの講義は、前を向くための処方箋のようなものだと感じています。
  • 自分が上手くいっている時にはどんなことをやっていたのか、どんな風に考えていたかを改めて思い出すことができました。「結果を気にしないでやり続ける」「周りの言うことを気にしないで自分がやると決めたことに集中する」「小さな成功を大切にしながら積み重ねる」「自分を信じる」といったことを今日から実行します。
  • 「自己肯定感」というものが、自分の意志で行動し、人として生きていく上で非常に重要と聞き、まさに今の私に必要なものだと思いました。今日のワークショップで行ったように、「自分の成長課題と弱いところ→ポジティブに言い換えると?」と書き出すことを定期的にやってみようと思いました。課題だけを書き出すのではなく、それをポジティブに言い換えるところまでをセットにすることで、自分の特性がわかり冷静に課題を見ることができます。「自信」については、赤羽さんの本を既に読んでいましたが、今日改めてお話を聞いて、「自信あるように、とにかくイキイキとふるまおう」「落ち込んでいても何もいいことはない」と心から思えました。勇気を下さり、ありがとうございます!
  • 今日のワークを通して、自分は「できないこと」「他に比べて劣っていること」を強く意識してしまっていることが分かりました。新入社員研修では同期と比べて落ち込んでいました。学生時代の部活や大学受験でも、自分が思うよりも上手くいかないときは、いつも自信がありませんでした。しかし今日のワークで客観的に振り返ってみて、自信がない時と、その時の自分のスキルや能力ほとんど関係がないことが分かりました。自信があるかどうかは、事実ではなく、単なる自分の思い込みでした。自信がなくても、自信があるようにふるまい、目の前のことに集中すること。そして、小さな成功体験を増やしていくことが大事だと理解しました。
  • 仕事ができない、などと言われ人間関係に悩んでいたのですが、「そのように相手を罵倒する人は、自信がなく、可哀想な人である。」ということと「自分は悪くないと思って良い」という言葉に救われました。他の人とワークの内容を共有することで、新たな視点が見えたり、忘れていた昔のこと(良かったこと)を思い出したりできて良かったです。ワークをすることで理解が進み、またモヤモヤしていた頭の中を整理することができました。
  • 1分間で頭の中を書き出すワークを10回繰り返すことで、自分がどんな時に「自信がない」と感じるのか、パターンが分かりました。それは、「今までやったことがなく、やり方も分からない新しいことをやる時」です。もうすでに知っていることに対しては自信をもって取り組めるのですが、今までやったことがなく、しかも上司や先輩からたくさんの指摘を受けなければ完遂できないようなことに向かい合う時は自信が持てませんでした。これからは、やったことのない仕事を上司から依頼されたときは「やります」と即答します。そして、1日10分でもいいから、頭の中にあるものをすべて書き出す時間を作ります。
  • 自分の弱みをポジティブに書き換えるワークでは、弱みが10個以上出てきた中でポジティブに言い換えられたことはたった3点で、自分はポジティブな言葉の表現や語彙が不足していると感じました。まずは、物事を客観的にポジティブな言葉で表現することと、褒め方やポジティブな見方について表現を増やすことを意識的に行います。他の人との会話では「フォローが上手だ」と言われることがあるので、それを自分に対しても使えるようにします。
  • 赤羽さんの著書は以前から読んでいましたが、最近仕事で悩んでいたところワークショップの開催を知り、初めて参加しました。自分の書いたメモ書きを他の人に話すということを初めてしましたが、書くだけではなく人に話すことによって頭の中で言葉を構築する必要があるため、さらに頭の中が整理されることを実感しました。また、自分の弱いところをポジティブに書き換えることで、捉え方が変わりました。「弱いところにも良い面がある、あまり気にすることはない」と思うことができました。
  • 親が自分にしてくれたことを、人生で初めて書き出したように思います。書けば書くほど、改めて感謝の気持ちが湧き上がってまいりました。「本当はしたかったけどさせてもらえなかったこと」が思ったほど浮かばず、本当に両親が幼少期にたくさんの愛情と機会を与えてくれていたことに気付かされました。また、「弱さや成長課題を書き、ポジティブに言い換えると?」というワークは大変興味深かったです。良くない習慣と思っていたことが、生活を改善できる思わぬヒントになることばかりで、早速今夜から時間の使い方を変えていけそうです。
  • 自信が持てる、持てないと考えることに意味はなく、とにかく動くことが大事なのだと理解しました。一見ポジティブな捉え方ができる言葉は、ポジティブゆえにそれが欠けている状態への不安感を煽る言葉にもなり得ます。そのような言葉に振り回されないこと、そういう余計な考えが入る隙が無いスピードを身につけられるのが理想だと思いました。また、自己肯定感の大切さを知り、だからこそ他人のことも肯定してあげなくてはならないのだと気づきました。

過去のセミナー参加者の声

  • 非常に有意義な時間を過ごすことができたと実感しております。本当にありがとうございました。好循環を生むには、目的に沿った仕込みをどれだけ考え続けて、そして動けるかということを再認識しました。自分の思考と向き合うには、デジタルよりも紙というアナログツールの利点を駆使する方が合理的という気付きもありました。
  • セミナーで1番驚いたのは、1人でメモ書きに取り組んでいた時よりずっと多くの文字が書けたことでした。きっちり1分と区切り、集中してメモ書きすることで、目の前のメモ書きにのみ集中する、マインドフルネスな状態を体験できたと思います。また、他業種の方々とお話できたことが本当に刺激となりました。同業者からは絶対出てこない、根幹を突くような質問をされることが本当に面白かったです。
  • 久しぶりの赤羽さんのセミナーでしたが、大変な刺激を受けました。日々頭の中を整理しているつもりでおりましたが、実際に紙に文字で落とし込んでみようとするとなかなかできず、結局は整理しているつもりだったということがよくわかりました。メモ書きを今日から始めてみます。また、ことの大小を問わず、実現したいことを常に文字に落として、関心のアンテナを張り続けようと思います。
  • 貴重なセミナーを本当にありがとうございました。明日からが楽しみになりました。A4メモに1分という短い時間で、いくつかのワークを繰り返し書き出すことで、考えが整理されスッキリして何をやったらよいか明確になりました。「好循環は準備が8割を超える」という誰にでもわかりやすい視点なので、ぜひこの概念を広めたいと感じました。これさえ忘れなければ、誰にとっても人生をよりよいものにできるのではと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二の公式LINE@を始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー