記事を検索
閉じる
イベント開催
個人のスキル成長と企業の経営改革をご支援するイベントを開催。

東大工学部 産業総論「問題把握・解決力を鍛え、将来を自分の手でつかむには」

このイベントは終了しました。

東大工学部 産業総論「問題把握・解決力を鍛え、将来を自分の手でつかむには」

10月7日(水)に、東大工学部の学生に、産業総論という科目の第7回として「問題把握・解決力を鍛え、将来を 自分の手でつかむには」についてオンラインの講義を行いました。

産業総論は、日本のビジネスが今後どのように変化していくのか、次の世代がどのように活躍することができるのかを、各分野のスペシャリストから学ぶオムニバス形式で行われる講義で、赤羽も2008年以降、毎年登壇しています。

こちらの講義では、著書『3年後に結果を出すための最速成長』でも触れている今後10年の日本の変化について背景を解説した後、問題把握・解決力やリーダーシップを身につける方法や、高い目標に向かってどうトップスピードで走り続けるかについて、詳しくお話しました。

また、講義だけでなくご参加いただいた学生のみなさんには、『ゼロ秒思考』シリーズでおなじみのA4メモ書きやアイデアメモなど、基礎的な思考整理のトレーニングを実践していただきました。

講義内容

1. 私自身の経歴
2. コロナの影響をどう見るか
3. 日本と日本企業の危機
4. 10年後の未来〜『3年後に結果を出すための最速成長』から
5. 将来を自分の手でつかむための問題把握・解決力
6. A4メモ、アイデアメモ
7. 問題把握・解決力やリーダーシップを強化するセミナー、参考図書
8. さらなる成長を目指して

イベント概要

日 時: 2020年10月7日(水)13時00分~14時45分 ※終了しました。
会 場: 【東京・本郷】東京大学工学部2号館 2階 221講義室
東京都文京区本郷7−3−1
主 催: 東京大学大学院工学系研究科 機械工学専攻
問合せ: akaba@b-t-partners.com (赤羽)

今回の講義に参加した大学生の声

  • 日本と日本企業の危機を改めて感じました。その上で自分たちが先頭に立って変えていかなければならないということを再認識しました。また、リーダーになるために具体的に何が必要で何をすべきかについて理解することができました。自分自身、中学で生徒会長をしたり高校の文化祭実行委員の中心メンバーであったり、リーダーとしての経験は少なからずあると思っていましたが、もっと深く考え実行に移していかなければならないと感じました。
  • 昨日は学びの多い講義をありがとうございました。インターンで聞きかじってきた知識と自分がやりたいことを考えてそれに対して努力する、という今までのやり方に自信が持てた気がします。学問をしてみたいと真に思ったのは大学に入ってからで、哲学や経済学、認知科学など様々な分野の勉強をしました。その過程で「目標を定めてそれに対して効率的な努力をすると良い」という考え方をするようになり、行動で示すようにしてきました。文字に書き起こすことはしてこなかったので、今日からは「今の課題を形にして見えやすいものにする」をしてみようと思います。
  • とても面白く、めちゃめちゃやる気が出ました!!!リーダーの役割が「1.理想状態を描く→ 2.方法を示し皆を動かす→ 3.達成」なのはとてもわかりやすかったです。「テレビ・新聞を読むな」というのも刺さりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆『ゼロ秒思考』赤羽雄二のオンラインサロンを始めました。
ご入会はこちら
https://community.camp-fire.jp/projects/view/318299
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二のLINE公式アカウントを始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
info@b-t-partners.com