Blog
ブログ記事

【11月17日開催!】情報機構 特別セミナー「実践形式で学ぶ マッキンゼー式ロジカルシンキング」

【11月17日開催!】情報機構 特別セミナー「実践形式で学ぶ マッキンゼー式ロジカルシンキング」

A4用紙 1枚で出来るゼロ秒思考

11月17日(木)に、情報機構の特別セミナー「実践形式で学ぶ マッキンゼー式ロジカルシンキング」を開催いたします。

人は誰でも頭がいいのに、親、教師、上司からあまり褒められてこなかったために、自信をもてず、本来の頭の良さが発揮できていないことが非常に多いです。そのような、もったいない状況を、『ゼロ秒思考』のA4メモ書きで解決していきます。

今回のワークショップでは、A4用紙1枚でできるるA4メモ書きや、アイデアメモ、オプション、フレームワークなど、これまでの著書でご紹介してきたシンプルな思考のトレーンングを実際にご体験いただきます。どれも、誰にでもすぐに始められるものばかりです。

A4メモ書きでは、頭のなかで考えていることを1分という限られた時間でささっとメモに書き出し言語化することで、もやもやをなくし、頭をすっきりと整理することができます。A4メモ書きを習慣づけると、感情的になりそうなときも平常心を保ちやすくなったり、他者との コミュニケーションにおいても理解力を高めることができます。

講義だけでなく、実際にご自身で手を動かしていただいたり、参加者同士のロールプレイングなど実践演習も行いますので、『ゼロ秒思考』シリーズの内容をより深くご理解いただけます。ぜひ、ご参加ください。

セミナーに参加した方の声

  • 自らのスキルアップのために受講しましたが、部下育成にも大変役立つ多くの気付きの連続でした。特に、「メモ書きによる考えの整理は、誰もが訓練すれば習得できる」「皆本来は素晴らしい能力をもっている」という言葉に大変勇気づけられました。
  • メモ書きを実際に行ってみて、私にとっては特に、1分程度で行うということがポイントかなと感じました。普段は、パニックになったときやビジネスアイデアを出すときに、私の周りの人の倍以上と思われる時間をかけて、考えながらノートに書いては消したりを繰り返して頭を整理していました。それと比較して、今回のメモ書きは1分という時間に追われたこともあり、余計なことを思う間も無く、無理やりにでも自分の回答を考え、即刻それを吐き出さないと書き切れませんでした。その切迫感が良い方向に働くのかテンションが上がる感覚を持ちました。
  • ロールプレイの中で特に印象に残ったことは、伝えたい内容によって、「起承転結で伝える方法」と「結論から伝える方法」とを使い分けた方が良いと感じたことです。ある程度相手がすぐに想像できるようなテーマについて説明するときは、結論から話すと伝わりやすいと感じました。一方で、いきなり結論から切り出すと相手の頭が付いて来れないようなテーマの場合、起承転結で伝えた方が伝わりやすいのではないかと感じました。メモ書きと並行して、明日から職場で実践して行きたいと思います。また、自分の子供に対しては、小さな成功体験を積ませ、できたことを褒めることを心掛け、自分に自信を持てるように育てていきたいと思います。

イベント概要

日 時: 2016年11月17日(木)13:30~16:30 ※終了しました。
会 場:【東京・京急蒲田】大田区産業プラザ(PiO)6階C会議室
    東京都大田区南蒲田1-20-20
料 金: 35,640円(税込・資料付き)
    ※1社2名以上同時申し込みの場合、1名につき24,848円
    ※学校法人割引:学生、教員のご参加は受講料50%割引
主 催: 情報機構

詳細はこちら