【セミナーレポート】何でも抱えて頑張りすぎてしまう女性のための、心をすっきりさせるワークショップ


このエントリーをはてなブックマークに追加

0924-01-3

心のもやもやをすっきりさせる、世界でいちばんシンプルなトレーニング

9月24日(土)に、東京医科歯科大学の湯島キャンパスにて、ちゃぶ台返し女子アクション主催イベント「何でも抱えて頑張りすぎてしまう女性のための、心をすっきりさせるワークショップ」を行いました。当日は、教室いっぱいに約80名の方がご参加いただき、ワークやロールプレイングなども、大変に盛り上がって開催されました。皆さま、どうもありがとうございました。

日本社会では、家事、育児、仕事など、たくさんの役割を抱えて、どんなに大変でも辛くても、自分が我慢すればいいと思っている女性たちが多いようです。また、声に出してきたつもりでも「愚痴ばかり」と一蹴され、自信をなくしてしまった女性もいらっしゃいます。

今回のワークショップは、仕事の他にもたくさん役割を持ち、日々もやもやを抱え込んでしまいがちな女性のみなさんに向けて、自分らしく生きる一歩を踏み出すきっかけになるようにと、企画されました。

当日は、心の中のもやもやを紙に書き出し、頭をすっきりさせるA4メモ書きをくわしくご紹介した後、会場の皆さまにも実践していただきました。メモ書きのテーマは「自分の強みは?」「成長課題は?」など、自分に内面に向けたタイトルからはじまり、人間関係やリーダーシップについてなど、もやもやの原因を多角的に深堀していくことで、様々な気づきを体感していただきました。

後半のロールプレイングでは、3人1グループとなっていただき、「行動に移せない友人を励ます」「行動の遅い部下を助言する」という、ビジネスシーンとプライベートの2つのシチュエーションで、実践していただきました。

ワークショップの後には、赤羽雄二と参加者の皆さまで懇親会を行い、名刺交換をはじめ、参加者同士で活発な意見交換が行われ、最後まで大盛況なイベントとなりました。

▼主催団体:ちゃぶ台返し女子アクション
Webサイト:http://chabujo.com
Facebookページ:https://www.facebook.com/chabujo/

講義内容

1. もやもやするのは?
2. 人間関係上のストレス
3. もやもやをなくし、気分をすっきりさせるメモ書き
4. 「ロジカルシンキング」について
5. 選択肢の整理…迷わないために
6. 即断即決、即実行の実践
7. 練習してみましょう:A4メモ、アイデアメモ、オプション、ロールプレイング
8. 仕事のスピードアップと情報力の大幅強化
9. 人間関係での問題解決について

当日のロールプレイングの風景

0924-02-3

参加者の声

  • 本日は、7ヶ月の息子をつれて、講演に参加させて頂き、非常に有意義でした。普段、息子と何気ない時間を2人で過ごすことが多く、このような機会に恵まれ、大変刺激的でした。今は不器用ながらも100パーセント、子育て、家事を前向きに楽しんでいると思いますが、一方で、子育てが一段落した時の主婦の自分が、しっかり軸のある生き方ができているのか、精神的にも穏やかで満ち足りているのか、 漠然とした思いがあったので、今日の講演は、良い糧になったと感じています。さっそく、メモ書きやってみました。マイペースでも続けたいとおもいます。本日は楽しい時間をありがとうございました。
  • 改めて言語化しアウトプットすることで、思考がクリアになる効果を感じました。思考も断捨離ですね。多忙の名のもとに先送りにしていることが多々あるな~と反省しきりです。
  • 貴重なお話ありがとうございました。実際のメモの写真をスライドに載せたり、ワークショップを取り入れるなど実践をどのようにしていけばいいのかがわかりやすいご講演でした。職場のチームでもメモ書き展開していけると面白いのではないかと考えています。ありがとうございました。




このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
赤羽雄二" (あかば ゆうじ) "
コマツにて建設機械の開発6年、スタンフォード大留学を経て、マッキンゼーにて14年間、経営戦略立案・実行支援、新組織設計・導入、新事業立ち上げなど多数。 シリコンバレーのVCをへて、2002年1月創業のブレークスルーパートナーズにて、日本発の世界的ベンチャーを育成すべく、ベンチャー支援に取り組む。