【セミナーレポート】大学生・若手社会人向けリーダーシップトレーニング第4回「セルフコンフィデンス」


このエントリーをはてなブックマークに追加

4_xlarge

もやもやをなくし、自信をつけてくれるメモ書き

11月23日(水)に、CVS Leadership Institute主催で、若手社会人・大学生向けリーダーシップトレーニング第4回「セルフコンフィデンス」を開催いたしました。当日は50名ほどの方にご参加いただき、ワークなども大変に盛り上がって行われました。ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

CVS Leadership Instituteは、「国際的なリーダーを育成する」ことをミッションに掲げるNPO法人で、年に2回、大学生を対象としたビジネスリーダーシップセミナーを開催しています。全4回のリーダーシップトレーニングでは、「コミュニケーション」「リーダーシップ/ファシリテーション」「問題解決」「セルフコンフィデンス」という最も重要な能力を各回90分で集中的かつ効率的に取り組んでいただきました。

今回のリーダーシップトレーニングでは、成長に大きく影響してくる自信やポジティブ思考の身につけ方について、8月に刊行した最新の著書『成長思考』の内容をベースに、自信を高めて成長へのステップを踏み出せるヒントをご紹介しました。

その後、会場のみなさんには、「自分はどういうとき、少し自信を持って取り組めるのか?」「自信がある時とない時で何が違うのか?」など自信にまつわるテーマで、A4メモ書きとアイデアメモに取り組んでいただき、隣の人たちと意見交換をしていただきました。

セミナー後の懇親会も、参加者同士の交流が活発になされておりました。
若手社会人・大学生向けのCVSセミナー、また次回の開催を楽しみにしていてくださいね。

講義内容

1. 自信を持つ、ポジティブ思考でいられるとは
2. どうすれば、自信をつけ成長できるようになるか
3. もやもやをなくし、自信をつけてくれる『ゼロ秒思考』のA4メモ書き
4. 新しい視点から考えるための「アイデアメモ」
5. 自信をつけ、成長するための読書、ワークショップ

当日のメモ書き演習の風景

A4メモ書きを実践中の様子

A4メモ書きを実践中の様子

 

懇親会の風景

懇親会の風景

参加者の声

  • 4回全てに出席させていただきましたが、いずれも沢山の発見があり、非常に有意義な会でした。特に「人は誰でも頭が良くなる」「人は誰でもポジティブになれる」といった、人が潜在的に持つ可能性を信じているという発言に、非常に勇気づけられました。赤羽さんのような方が上司にいた方がとても羨ましいです。また、自身の課題に対して、「出来なかったケース」「出来たケース」「今後どうするか」の3つの観点からメモ書きをすると、それだけで非常に進めべき方向性が明確に見えてくるということもこの4回を通して実感しました。日々のメモ書きに活かしていきます。
  • 本日もありがとうございました。メモ書きでネガティブとポジティブに向き合ってみて、ネガティブにいいことがないこと、そして何かから逃げたい時にネガティブを自分自身で選択しているのだな、ということもわかりました。ネガティブな時の弊害も、メモ書きではっきり浮き上がってきて、目を背けていた部分と向き合えたように思います。ポジティブを選択するよう、意識を向けていこうと思いました。




このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
赤羽雄二" (あかば ゆうじ) "
コマツにて建設機械の開発6年、スタンフォード大留学を経て、マッキンゼーにて14年間、経営戦略立案・実行支援、新組織設計・導入、新事業立ち上げなど多数。 シリコンバレーのVCをへて、2002年1月創業のブレークスルーパートナーズにて、日本発の世界的ベンチャーを育成すべく、ベンチャー支援に取り組む。