Blog
ブログ記事

ブロックチェーンとは何か?インターネットとの違いや訪れる変化とは

ブロックチェーンとは何か?インターネットとの違いや訪れる変化とは

ここ数年で大きな注目を集めているブロックチェーン。赤羽雄二が主催するオンラインサロンや講演、書籍でもたびたび話題になっています。
今回の記事では、そもそもブロックチェーンとな何なのか?どのような変化が訪れるのかについてご紹介していきます。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは、インターネット上に構築される「改ざんの心配がほぼない分散型台帳」です。産業、企業、個人のすべてに大きなインパクトを与えると考えられており、その理由は大きく分けて4点あります。

1. データ改ざんのリスクがほぼなくなる

インターネットではデータを改ざんされるリスクが常にあります。しかし、ブロックチェーンが普及することで、データ改ざんのリスクは、ほぼなくなります。そして、これまで心配で使えなかった秘密性の高い情報でも気にせずやりとりできるようになるでしょう。

これは、ブロックチェーン技術が何十万、何百万という数の公開台帳に、すべての取引情報をつなげて記録していくためです。その全部を改ざんすることは、ほぼできないと言い切っていいでしょう。
量子コンピューターが実用化された場合、暗号解読ができる可能性がないわけではありませんが、その時点では、ブロックチェーン側も発展しているはず。現実的にはあまり心配する必要がなさそうです。

また、相手側がこちらをだますのではないか、という心配もなくなります。これまでは、ヤフオク、イーベイなどで過去の売買履歴と評価を元に、物を買ったり売ったりした方も多いのではないでしょうか。今後は、取引時の不安がほぼなくなります。

2.決済コストが極めて安くなる

第二に、決済コストが極めて低く、従来の1/10~1/100になりますので、数百円を送金したり、気にいったアーティストに支払ったりすることができるようになりました。出稼ぎで稼いだなけなしのお金から大きく手数料を取られて目減りする、ということもなくなります。

3.スマートコントラクトの使用が可能に

「スマートコントラクト」が、ブロックチェーンの普及により使えるようになります。スマートコントラクトとは、事前に設定しておけば全自動で情報のやりとりと支払いをすませることのできるシステムです。従来の「エージェント」に近い仕組みと言えます。しかし、これまではハックされる心配もあり、さらに支払いも含めて自動で、という仕組みは存在しませんでした。

例えば、自動車が異音・振動などから自ら故障予知をし、ガソリンスタンドに到着する前に、整備工場に連絡をして、補修部品を用意しておく、というようなことも可能。また、企業が顧客に対して納品する際も、自動で納品・検品・検収・支払いが済まされます。紙の書類がなくなり、人手がいらず、処理も瞬時なので、企業活動の生産性が圧倒的に上がります。

スーパーに行って、1リットルの牛乳パックを1つと、ティッシュペーパーを3箱かごに入れたら、そのままレジのところを通るだけで、スマートコントラクトを使って支払いが済まされることもできるようなります。それだけではなくて、これまでの購買履歴に基づいて、そろそろ消耗品がなくなるころには、全自動でスーパーに注文が行き、勝手に納品されることもスマートコントラクトを通じて実施できるようになるでしょう。

これらはIoTやセンサーで可能になりますが、ブロックチェーンがなければデータ改ざんが心配ですし、安心して支払いをすることができません。

4. 自律分散型で安定したシステム構築・運用が可能に

ブロックチェーンにより、自律分散型で安定したシステム構築、運用ができるようになります。企業は集中してデータ管理、決済処理をしていますので、その1カ所がたまたま、あるいは負荷が大きすぎたり悪意の攻撃をされたりしてダウンすると、すべてのシステムが止まってしまいます。そういう心配がほぼすべてなくなります。

言い換えれば、システム全体に冗長性があるため、安定した運用が可能です。もともとインターネットはそういう発想で作られましたが、接続されている企業や政府のシステムが脆弱なため、全体としては常に問題が起きています。

ブロックチェーンにより、大きな変化が訪れる

これらの4つの理由から、政治、経済、企業、組織運営、個別サービスなどすべての分野で、データ改ざんへの不安、高い決済コスト、処理速度、システム構築の大変さなどからできなかったことがブロックチェーンによりできるようになります。ほぼ100%他人・他社を信用し行動できるようになり、個人情報漏洩の心配がなくなることで、サービスへの信用が上がり、行動上の束縛、意味のない躊躇もなくなっていきます。

では、いちいち報告を受けたり、集計したり、監査したり、担保を取ったりしなくてよくなると、何が決定的に変わるのでしょうか。