Blog
ブログ記事

A4メモ書き、家族関係にも効果的。3年前に卓球を始めた12歳の娘が全国チャンピオンになったインド人会社員の事例

A4メモ書き、家族関係にも効果的。3年前に卓球を始めた12歳の娘が全国チャンピオンになったインド人会社員の事例

この5月から、インド3位のバイクメーカー(売り上げ2200億円)の経営改革を支援しており、毎月インドに出張し、会社全体で『ゼロ秒思考』のA4メモ書きを実践しています。そこの経営改革支援チームのメンバーであるインド人のRaviさんより、A4メモ書きによって家族の生活に大きな変化があったことをお話しいただきました。素晴らしいエピソードなので、こちらでもご紹介いたします。

A4メモ書きと出会うまで

Raviさんは、妻と2人の子どもと暮らす、ごく普通のサラリーマン生活を送っていました。ちょうど3年前の2013年、当時9歳だった娘のSahanaさんが卓球に興味を持ち、州のチャンピオンを目指したいからコーチをつけて欲しいと頼んできたことがあったそうです。
しかし、わずか9歳であまりにも突拍子のない考えだと、その当時は娘の話を聞く姿勢もとらず、学校の勉強に専念するように言いました。

それから2年間、Raviさんは仕事のプロジェクトで多忙な生活を送っていて、娘のことにもかまっていられない間に、Sahanaさん地元の卓球クラブに入り、毎日2時間の練習に励み、地区大会で優勝するほどにまで上達していました。それでも、Raviさんはきっと不戦勝もあったのだろうと娘の実力をあまり信じていませんでした。

そんな中、今年6月にRaviさんが出会ったのが『ゼロ秒思考』のA4メモ書きでした。
たった1分で、頭の中にあるものをささっと紙に書き出すシンプルな思考のトレーニング方法を知り、アクティブリスニングやポジティブフィードバック、問題解決、ファシリテーションなど、様々なシーンに活かせることを学びました。

メモ書きがきっかけで、家族の本心を知る

A4メモ書きの効果を感じたRaviさんは、さっそく妻と2人の子どもたちにも教え、メモ書きを実践しました。彼らの内面にある問題を知ろうとしたのです。

Raviさんは、これまで16年間、家族の生活のために一生懸命に働いてきました。住む場所も、食べ物も、衣服や学校なども、こと欠かすことのないようにしてきたので、自分は家族にとって良い夫であり良い父親であると思っていました。しかし、A4メモ書きがきっかけで、奥さんと子どもたちがいまの暮らしに不満を抱いていることがわかりました。

娘のSahanaさんの初めてのメモ書きで、Raviさんは「父親にいちばん何をして欲しいか?」というお題を出してあげました。父親である自分が娘から何を求められているのかを、あらためて知りたかったのですね。

IMG_2986

ところが、Sahanaさんの答えは、Raviさんが想像していたものとは大きく異なりました。

「困ったことがあったときに、助けてほしい」

Sahanaさんのいちばん素直な気持ちである、卓球の活動をもっと家族にサポートして欲しいという願いから来たものでした。娘の卓球への想いをの強さをRaviさんはそのとき初めて気が付きました。そして、個人の夢や目標は人それぞれちがうもので、たとえ家族であっても必ずしも親が思っている通りだとは限らないのだと知りました。

メモ書きの気づきをふまえ、行動を改める

メモ書きがきっかけで、Raviさんは家族に対する態度を改めるようになりました。とくに、娘たちの意思を尊重することを心がけるようになりました。

7月下旬にバンガロールで開催される卓球の全国大会に娘のSaharaさんが出場したいと言ったときには、州のチャンピオンにもなっていなかったので、無理だと思っていましたが、娘がどうしても出場したいというので行かせることにしました。

わずか12歳になったばかりで娘が卓球のインドチャンピオンに

大会の当日、Raviさんの奥さんが娘の試合の応援についていきました。
Raviさんは娘にとってひとつの経験になればいいと思い勇気づけたものの、結果はそこまで期待していなかったので、準々決勝出場が決まったと奥さんが電話をくれたときは本当に驚いたそうです。

そして、1時間後には準決勝に出たと電話があり、その1時間後には決勝戦があるというのです。
会社で電話をしていたRaviさんは、その瞬間、これまでどれほど娘が望んでいたものを自分が邪魔してしまったかを感じ、涙を流したといいます。

そうして、わずか12歳の娘のSahanaさんは、卓球を9歳のときに始めて3年足らずで、全世代が参加する女子の部で、みごとインドのナショナルチャンピオンに輝きました。

じつは、Sahanaさんは12歳になったばかりでやっと12-18歳のジュニアクラスに出られたのに、本人の強い希望で19-40歳の成人クラスにエントリーをし、堂々と金メダルを勝ち取ったのです。12月には、USオープン戦にインドの代表選手のひとりとして送られるそうです。

champion

A4メモ書きと、娘の挑戦から学んだこと

Raviさんの家族のストーリーを、こちらの会社の社長や役員など上位150名と、その下のマネージャークラスの350名を対象とした経営改革のワークショップでお話ししていただき、大変大きな感動を得ていました。そのときのRaviさんからのメッセージです。

「わたしが学んだことは、娘の今回の挑戦には、目標や夢、努力といった本人の内側から湧き出てくるものと、それだけではなく、両親の反対や社会の圧力、先生のアドバイスや友だちの反応など、さまざまな外的な要因もあり、Sahanaはそうしたものも克服しなければいけませんでした。わたしたちはまれに、こうした外的要因をあまり気にもとめずに、ほんとうに素晴らしい個性を失ってしまっているのかもしれません。わたしの家族に対する態度を見直すきっかけをくれたA4メモ書きに感謝しています。」

Raviさんと、奥さん、娘のSahanaさんと夕ご飯をご一緒したとき

Raviさんと、娘のSahanaさん、奥さんと夕ご飯をご一緒したとき