Blog
ブログ記事

「ゼロ秒思考」は仕事ができないダメな時のためにある!Shinさん(Outward Matrix)のブログ記事より

「ゼロ秒思考」は仕事ができないダメな時のためにある!Shinさん(Outward Matrix)のブログ記事より

若手コンサルタントとして多方面でご活躍中のShinさんが、『ゼロ秒思考』についてブログ記事で紹介してくださいました。過去にWebメディア「NewsWalker」(2019年3月26日でサービス終了)に掲載された内容を、こちらでも紹介いたします。

「ゼロ秒思考」は、仕事ができないダメな時のためにある

読者のみなさま、こんにちは。Shinと申します。ぼくは普段とある外資系コンサルティングファームでマネージャとしてサラリーマンをしています。

本日のテーマは、「ゼロ秒思考は、仕事ができないダメな時のためにある」です。

「ゼロ秒思考」とは何か

あなたは「ゼロ秒思考」をご存知でしょうか。

「ゼロ秒思考」とは、元マッキンゼーの赤羽雄二氏が、数十年にわたるコンサルティング経験の中で磨き上げてきた思考と、ゼロ秒思考に到達するまでのシンプルなトレーニング方法について解説した書籍『ゼロ秒思考』で紹介されている思考法です。

どんな難しそうに見える問題があっても、一瞬でその現状を把握し、本質を見抜き、解決策を見出して即座に行動に移せる。

ゼロ秒思考により、行動がどんどん早くなり、思考もまとまり、いろんなことがうまくいくようになる。

こうした、ゼロ秒思考を実際に鍛えるためのトレーニングが、「A4メモ書き」です。

仕事に悩んでいるときにはゼロ秒思考が有効

ぼくは、仕事をしているときに、下記のような状況に追い込まれることがあります。

◆ 仕事がうまく進まず、「なぜうまくいかないんだろう?」「なぜぼくばかり辛い状況に追い込まれるんだろう」とマイナスなことばかり考えてしまう。

◆大きなミスをしてしまい、上司やお客様から怒られてしまった。それを引きずり、目の前のことに集中できず同じようなミスを何度も繰り返してしまった。

◆ いくつも仕事を同時並行的に抱えていて、しかもすべてスケジュール遅れや低品質など、問題を抱えてしまっている。しかしながら、それらのどれから手を付けるべきかわからない。

これはぼくの例ですが、あなたにも似たような経験はないでしょうか。あるとしたら、どのような対処をしているでしょうか。

おそらく大多数の人は「とにかく手を付ける」「一生懸命やる」という根性論に走っているでしょう。

しかし、こういうときにこそ、ぼくは「ゼロ秒思考」をお勧めしたいのです。

問題に追いかけられているとき、アタマはパンク寸前です。そんな状態で解決策を考えようにも、本当に良い策は思いつけません。まずは「ゼロ秒思考」で現在の問題点を洗い出し、頭をすっきりさせるべきです。

例えば、こんな感じの問いを書き、その下に答えをどんどん書きだしてみましょう。

・ いま、つらいのはなぜだろう?

・ やらなくてはいけないことはなに?

・ 今日中に実施しないといけないことは?

・ 自分自身でやらずに誰かに頼めることは?

・ ●●社のTo doでまだ残っているタスクは?

・ ●●社のクライアントを全員満足させるために今からできることは?

これらの問いに対する回答を一気に書いていくと、アタマが整理されると同時に心が軽くなった感覚を味わうことができます。

もちろん、目の前の仕事がなくなるわけではありません。しかし、何が残っていてどれがボトルネックになっているのか明確になり、自分が心配しても仕方がないことも見える化することができます。

ひとりで解決できないことを見つけて人に相談しよう

ぼくたちは、どうしてもムダに考えすぎてしまうきらいがあります。自分でどうにかできることであるのならば、一生懸命考えて解決に向かって走り続ければいい。

しかし、中には自分ひとりではどうしようもできない問題もたくさんあるのです。そういう問題にぶち当たったときは、速やかに誰かに聞いてヘルプを求めるべきです。そうするだけで、何時間も悩んでいた問題が一瞬で解決します。

仕事の悩みの大半は、冷静になって考えるか、もしくは誰かに適切に聞くなり報告すれば解決できるものなのです。そのことを思い出すツールとしても、「ゼロ秒思考」は最適です。

もしあなたが仕事に苦しんでいて、アタマもパンク寸前であるならば、ぜひゼロ秒思考を試してみてくださいね。

Shin

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二の公式LINE@を始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー