Blog
ブログ記事

【セミナーレポート】大学生・若手社会人向けリーダーシップトレーニング第2回「リーダーシップ/ファシリテーター」

【セミナーレポート】大学生・若手社会人向けリーダーシップトレーニング第2回「リーダーシップ/ファシリテーター」

リーダーシップ力を効果的に高めるA4メモ書き

9月28日(水)に、CVS Leadership Institute主催で、大学生・若手社会人向けリーダーシップトレーニング第2回「リーダーシップ/ファシリテーター」を開催いたしました。当日は会場いっぱいの50名以上の方にご参加いただき、大変盛りあがって開催されました。どうもありがとうございました。

CVS Leadership Instituteは、「国際的なリーダーを育成する」ことをミッションに掲げるNPO法人で、年に2回、大学生を対象としたビジネスリーダーシップセミナーを開催しています。いまの日本の社会で、最も求められている人材は「学歴が高い人」ではなく「リーダーシップの強い人」「リーダーとして組織をリードできる人」と言われています。

学生の方であれば、サークルや部活動、ゼミなど、社会人の方であれば会社など、日常生活のなかでわたしたちは様々な組織に属しています。そして、先輩・後輩あるいは上司・部下の関係、チームメンバーとのコミュニケーションにおいても、リーダーシップはあらゆる場面で力を発揮することができます。

今回のリーダーシップトレーニングでは、リーダーにとっての課題は何か?という問題提起からはじまり、リーダーシップの発揮の仕方、部下の育成、会議でのファシリテーションの進め方について解説をしました。その後、会場のみなさんにリーダーシップや、組織の人間関係をテーマにしたA4メモ書きやアイデアメモに取り組んでいただき、参加者同士のロールプレイングの実践演習を行いました。

次回のリーダーシップトレーニングは、第3回「問題提起」10/26(水)、第4回「セルフコンフィデンス」11/23(水)に開催予定です。

講義内容

1. 上司・リーダーの悩み
2. リーダーシップ
3. コーチング
4. リーダーシップを抜本的に上げる「ゼロ秒思考」のA4メモ書き
5. 新しい視点を得ることができるアイデアメモ
6. リーダーシップを発揮しやすいホワイトボードの活用

当日のメモ書き演習の風景

160928-1

参加者の声

  • セミナーを通して、自身のリーダーとしての資質と課題が明確になりました。前回・今回と、ロールプレイングを通して、「私は相談に乗ることが好きで、何とかしてあげたい」と思うのだということに気付きました。これはリーダーとして良い資質ではないかと思いました。一方、リーダーシップが発揮できない理由は、経験、能力、情報、論理構築、事前準備のどれかが不足している場合が多く、日頃からは仕事の他に各分野の主要人物との人脈形成と情報収集をしておかなければならないという課題が見えてきました。一緒にメモ書きとロールプレイをする仲間を社内に作るため、同僚にもセミナー参加を促していきたいと思います。
  • 大変勉強になりました。これから社会に出た際には、高い確率で誰かの上司や先輩になると思います。その時に、セミナーで学んだことが確実に活きてくると思います。そういった意味で、リーダーというところに主点をおいた今回のセミナーはすごく面白かったですし、ためになりました。
  • 私は第1回「コミュニケーション」にも参加させていただき、そこでA4メモの実践を決意し、1週間ほど続けましたが、途中で投げ出してしまいました。しかし、赤羽さんのお話を再び直接お聞きすることができ、もう1度A4メモを1日20枚、3週間継続しようという意欲が湧いてきました。ロールプレイングについては、現在学生寮にて生活をしており、先輩にあたる立場の私には大変参考になる部分が多かったです。