Blog
ブログ記事

【セミナーレポート】即断即決、即実行のトレーニング特別ワークショップ:業務上の意思決定について

【セミナーレポート】即断即決、即実行のトレーニング特別ワークショップ:業務上の意思決定について

もやもやをなくすメモ書き、意識と行動を変えるアイデアメモ

12月20日(火)に、ダイヤモンド社主催の特別ワークショップ「即断即決、即実行のトレーニング:業務上の意思決定について」を開催しました。

月に1回、定期的に開催しているダイヤモンド著者セミナーの「即断即決、即実行ワークショップ」では、『ゼロ秒思考[行動編]』の内容をベースに、A4メモ書きである程度の思考力を高めた方々が、次のステップとして、すばやい判断をして、実際に行動に移せるようになるためのトレーニングをご紹介しています。

「何からやるべきか迷ってしまう…」「頭で分かっているのに、行動に移せない…」「いつまでもグズグズしてしまう」頭では整理できているつもりでも、なかなか行動に移すことができずにいる方々のための演習形式のセミナーです。

今回は「業務上の意思決定について」がテーマでしたので、仕事のスピードをあげて急成長をするために、どのような判断基準を持つべきで、どう全体像に近づくのかを詳しく解説していきました。その後、ご参加いただいたみなさんに、A4メモ書きやアイデアメモ、オプションやフレームワークに実践していただきました。

ちょうど年の瀬のワークショップだったこともあり、「これから年末にかけて、仕事で何を片付けるか?」など時季にあわせたタイトルを盛り込みつつ、「どういうとき、自分はさっと動けるか?」「自分は、今後どの方向を目指すべきか?」「即断即決できた経験」「即断即決できなかった経験」などのタイトルで、各課題に取り組んでいただきました。

当日は48名の方にご参加いただき、今回も活発な意見交換で盛り上がっておりました。皆さま、どうもありがとうございました。

ダイヤモンド著者セミナーの特別セミナー「即断即決、即実行のトレーニング」は来年も引き続き開催予定ですので、ぜひご参加ください。次回は2017年1月24日(火)です。

講義内容

1. もやもやをなくし、仕事をスピードアップするメモ書き
2. 即断即決すべき6つの理由
3. 即断即決を妨げる心理的ブロックをどうはずすか
4. オプションとフレームワーク
5. メモ、アイデアメモの演習
6. 即断即決できる姿勢、体制を普段からどう構築してしまうか
7. さらに成長するために

参加者の声

  • これまで1人でメモ書きをしていましたが、たくさんの人と集まってやるのは初めてでしたがとても楽しめました。すぐに考えそれを書き出し言葉にする、誰かに吐き出すことにより、気持ちが更にスッキリする体験でした。私は自分でも熟考してしまうタイプだと思っており、それがよいところだとも思っていた節がありましたが、悩んでも答えは同じだと感じました。ただその考えることが癖になっているとも思いますので、これからも練習し習慣化していこうと思います。
  • ためらい、迷いにほとんど価値が無い。と言う一言が一番響きました。初めてメモ書きを他の人に見せて、自分の考えが浅くて恥ずかしいなあと反省したり、人の考えになるほどと学んだりしたのが新鮮でした。メモのタイトルや、クリアフォルダの区分の事例も参考になりました。
  • セミナーの講義内容はもちろんのこと、赤羽さんが参加者からの質問に端的に回答されていて、非常に分かりやすく刺激を受けました。赤羽さんの本を数冊拝読しておりましたが、セミナーに参加すると改めて「実行すること」の重要性を意識いたしました。「やろう」とする意志と行動が結びついていないことが多い日常を振り返り、反省をしております。
  • 11月より3回赤羽さんのセミナーに参加し、下記のように徐々に変わっていく自分を実感しております。1回目:やりたいことは何か、どのように進んでいきたいのか方向性が見えなかった
    2回目:やりたいことが見つかった、それを人に話せた
    日々のメモ書きにて:やりたいことの為に何をすべきかが明確になった
    3回目:やりたいことを人に自信を持って伝えられ、それが自分にとってどうなのかが明確になった

    今までは瞬時に書き出すということが苦手で、1回目は書くことに非常に苦労しましたが、徐々にスラスラと書けるようになってきました。今後も継続して自分を変えていきたいと思います。