Blog
ブログ記事

A4メモ書きで大飛躍!台湾の大学生の事例のご紹介

A4メモ書きで大飛躍!台湾の大学生の事例のご紹介

今年の3月に、台湾でメモ書きワークショップを行いましたが、そのとき中心になって企画してくれた2人の大学生の1人が、『ゼロ秒思考』を読んだ後に大きな成果があったとのことで連絡をくれました。

彼がどのようにA4メモ書きを活用し、どのような効果があったのか、どうチームに貢献ができたのか。せっかくですので、彼の事例をご紹介したいと思います。

certificat

プロジェクトマネジメントの国際標準ガイドラインを中国語に翻訳するプロジェクトに抜擢!

まだ20歳の台北の國立政治大學の2年生である黃冠融さんは、プロジェクトマネジメントに関するノウハウや手法を体系立ててまとめた国際標準ガイドラインとして知られる「ISO21500」を台湾社会に普及させるため、中国語に翻訳するというプロジェクトに参加しました。そして先月、中国語版のプロジェクトマネジメントのガイドラインとして「CNS21500」が完成しました。彼は、プロジェクトメンバーのなかで、唯一の20代であり、また唯一の大学生でもありました。

今まで他の学生が誰も成し遂げたことがなく、自分にとっても大きなステップとなるという確信のもと、黃さんは高い意欲を見せてオーナーを説得し、プロジェクトメンバーにインターン生として迎い入れられました。

チームで達成した目標

  • プロジェクトマネジメントの世界規格「ISO21500」を中国語に翻訳する
  • 翻訳作業は1月以内で終わらせる
  • チームメンバーや翻訳者との日々のやりとりにLINEを使い、毎日LINE上で情報を共有しあう
  • 複数の翻訳家に頼むことで、翻訳する際、きちんと正しい専門用語を選んで「CNS21500」を作る

A4メモ書きが効果を発揮した具体的なシーン

仕事をすすめていく様々なシーンでつねにメモ書きを実践されていたようですが、具体的なシーンとして、黃さんがチームの活動を記録するドキュメント映画を作ることを思いついてときのメモをご紹介します。

・映画の製作期間は1週間しかない
・翻訳者はみなばらばらの場所にいるので、短期間に全員をたずねることはできない
・そもそも映画を作った経験がない
など、様々な制限があるなかで、A4メモ書きを行った黃さん。

a4memo

5行書き終えたところまでは、あまり良いアイデアが思い浮かばなかったようですが、5行目にして「ハイライト映画なら作れる!」という解決策を見つけるできたようですね。

その後、プロジェクトの責任者の許可も得て、チームメンバーからのサポートも受けながら、ドキュメント映画を作りました。

「CNS21500」ができたことで、台湾社会に与えられた影響

  • 台湾の政府や企業が、今後重要なプロジェクトをすすめていくなかで、指針となるガイドラインができた
  • 台湾の政府や企業が、進行中のプロジェクトに問題があったときに、「CNS21500」の内容にそって異議申し立てることができる
  • 世界標準の「ISO21500」を翻訳したものなので、国際レベルのビジネスで通用する

どのように学業と両立させたのか?

台湾の政府や大企業にも今後使われていく「CNS21500」制作という、非常に社会的にも影響力のあるプロジェクトに、大学生でありながら精力的に参加された黃さん。大学生活との両立はどうされていたのか聞いてみたところ、次のような返事をいただきました。

「今年始めに『ゼロ秒思考』を読み、赤羽さんの仕事の進め方を知り、私も彼のようになりたいと思いました。A4メモを使って考えるトレーニングをしていたなかで、自分の生活やチームワークをPMBOK(プロジェクトマネジメントの知識体系)のノウハウで管理できることに気がつきました。そのため、プロジェクトマネジメントについて、多少の知識があったので、学業との両立ができたのです。大野耐一さんの本も読み、とても参考になりました。日々のタスクの優先順位のつけかたとして、赤羽さんの2×2マトリクスをとても気に入っています。わたしは毎日8時間ほどしっかりと睡眠をとるようにしていて、その方がよい状態でいられるし、頭もきちんと働きます。」

2016年3月の台湾ワークショップにて、黃冠融さんと

2016年3月の台湾ワークショップにて、黃冠融さんと

 

ゼロ秒思考』のA4メモ書きや2×2マトリクスなどを効果的に使えば、仕事で成果をあげるだけでなく、黃さんのように日常生活のリズムの管理にも役立てられます。ぜひ、あなたもゼロ秒思考で急成長を目指しませんか?

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二の公式LINE@を始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
info@b-t-partners.com