Blog
ブログ記事

発達障害(ADHD、アスペルガー症候群など)に悩む人たちも「ゼロ秒思考」を実践!

発達障害(ADHD、アスペルガー症候群など)に悩む人たちも「ゼロ秒思考」を実践!

ゼロ秒思考』でご紹介しているA4メモ書きは、誰もがすぐに始められる、シンプルな思考整理のトレーニング方法です。これまでも幅広い世代・職種の方々に実践いただき、数多くの感想の声を寄せていただいています。

今回は、ADHDやアスペルガー症候群など、発達障害の当事者の方々からのメッセージをご紹介します。

1分間という限られた時間で、頭の中のもやもやをとにかく書き出すA4メモ書きのスタイルは、「気分が散りやすく集中することが苦手」「感情が不安定になりやすい」というような特徴がある発達障害の方々にも、効果が見られるようです。

40歳の女性会社員です。ADHD傾向があり、興味があるものがあるとそちらに注意が行ってしまい、自分の考えがまとまらず、いつも物事を終了できていない不安感と共に生活しているので、何かいい方法はないだろうか?と悩みつづけていました。そんな中、書店でこちらの本に出会い、ここに書かれている「毎日をモヤモヤしながら生きている人」というのは、まさにわたしのことだ!と思い、A4メモを実践するようになりました。今まで、頭の中でグルグルと同じことが回っていたものが、書き出して外に出すことによって、少し客観視できるようになり、気分も安定してきた気がします。ありがとうございます。

ゼロ秒思考を実践してみたところ、これはとくにADHDに悩む人達に、大いに効果的であるように感じました。このゼロ秒思考の大前提は「考える事に対して制限時間を設ける」というもので、この方法が私の思考能力をさらに強くしてくれました。そのおかげで、私自身のことをより深く考えることができるようになってきました。メモ書きを実践していくうちに、様々な情報が、頭の中で点在していたものが、とあるタイミングで、どんどん線で繋がっていったのです。ブログより)

私は発達障害(ADHD)にA4メモが非常に効果があると思っています。というのもADHDの場合は、何か考え事をしてもフラッシュアイディアや周りの雑音等で、思考がドンドン飛んで行ってしまう傾向があるからです。そして、その思考のジャンプの連続のせいで、考えていたことの根っこの部分や、自分の気持ちを置き去りにしがち。そんな「思考のジャンプ」を1分という制限時間の中で、思考ジャンプをする間もなくガンガン文章化していって、書いた内容を自分で冷静に見直すことで、自分の無意識の部分や本来の自分の気持ちに気づくことができるようになるんです。ブログより)

書籍に関するブログ記事

『ゼロ秒思考』やA4メモ書きをご紹介してくださっている、ADHD・発達障害の方々のブログをご紹介します。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二のLINE公式アカウントを始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
info@b-t-partners.com