Blog
ブログ記事

しゃべりたい気持ちをどう抑える?新刊『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』ポイント解説《第4回》

しゃべりたい気持ちをどう抑える?新刊『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』ポイント解説《第4回》

この連載は、新刊『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』でご紹介しているメソッド「アクティブリスニング」についてのポイント解説をしていくものです。

しゃべりたい気持ちをどう抑えるか

アクティブリスニングの最大の敵は、たぶん「自分がしゃべりたい気持ち」だと思います。

アクティブリスニングをするには、相手の話を聞くこと、特にしっかりと最後まで聞くことが出発点ですので、こちらがしゃべってはどうしようもありません。

私自身はあまりおしゃべりではないので、正直に言うと、しゃべりたいという気持ちがよくわかりません。人として何かかけているのでは、と前から気にしています。企業の支援や講演なども多数していますので、仕事として言うべきこと、言いたいことはあります。

ただ、いわゆる「しゃべりたい」では全くないのです。知識として「しゃべりたい人が大変多い」ことは知っていますし、実際よく見かけますので、そういうことなんだろうなと理解しています。
では、しゃべりたい気持ちをどう抑えればいいのでしょうか。

「しゃべりたい」というのは、「自分の話を聞いてほしい」「今日あったことを話したい」「私のことを見ていてほしい」、あるいは「私の気持ちを理解してほしい」「もやもやをはき出してしまいたい」などかと思います。

これはこれで大切なことですが、あくまで自分を中心とした気持ちの発露、気持ちの整理です。

ありていに言えば、相手に関心はなく、自分の言いたいことを話している、という状況に見えます。もちろん、それを100%受け止めてくれる人がいれば、何の問題もありません。幸せな状況です。

ただ、実際は、多くの場合、相手にも話したいことがあるにもかかかわらず、おしゃべりなほうが一方的にしゃべって、相手がそれを我慢しているのではないかと思います。我慢ではないにしても、しゃべりたい人がいるならしゃべらせておけば、という程度かも知れません。

コミュニケーションが本来双方向であり、キャッチボールのようなものだと考えると、これは問題です。ゆったりとしたキャッチボールではなく、一方的にたくさんのボールを投げつけているように見えるからです。力点が自分にあります。相手への関心があまりありません。

この本では、コミュニケーションの原点に帰って、一方的なおしゃべりではなく、今目の前にいる相手の話をどう丁寧に聞くか、どう深く理解するか、その結果をどう発展させていくか、という観点から取り組んでいきたいと思います。

実際、人の話をもっと聞けるようになりたいという方は多くおられます。部下が話をしてくれない、と悩んでいる上司、子どもが話をしてくれない、と気にしている親は珍しくありません。よく相談も受けます。

ただ、横から拝見していると、部下や子どもに本当の意味の関心を持たず、こちらから言いたいことだけを言い続けているように見えます。なので、部下も子どもも話す気になどなりません。

ヒントはあります。

相手に強い関心を持ち、本気で何かを聞きたい、聞き出したいと思えば、また貴重な機会だと思えば、「自分がしゃべるよりも相手の話を聞きたい」となるはずです。

その意味では、相手を軽視しているか、相手の時間を軽く見ているからこそ、しゃべりたくなるのではと思います。

 

自己満足ではない「徹底的に聞く」技術

▼本書の内容を、全4回にわたってポイント解説しています。
第1回「なぜ人の話が聞けないのか
第2回「問題を解決してくれる、アクティブリスニングとは?
第3回「苦手な相手との関係が大きく変わる!
第4回「しゃべりたい気持ちを抑えるヒント

 
▼ 9/8.16 出版記念オンラインセミナー開催!
https://akaba-active-listening.peatix.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆赤羽雄二のLINE公式アカウントを始めました。
アカウントの追加はこちら
https://line.me/R/ti/p/@gtr8764i
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆メールアドレス(ご感想、ご質問など、お気軽にお寄せください)
info@b-t-partners.com