Blog
ブログ記事

【第5回】仕事に使える情報収集ツール「Googleアラート」の効率的な活用法とは?ー『速さは全てを解決する』より

【第5回】仕事に使える情報収集ツール「Googleアラート」の効率的な活用法とは?ー『速さは全てを解決する』より

この連載は『速さは全てを解決する』の内容より、仕事のスピードアップのための心得や、生産性や仕事の質もあげるため、今すぐ使える具体的な仕事術をご紹介していくものです。第5回のテーマは、スピードと効率をあげる具体的なノウハウより「Googleアラートの活用法」です。

キュレーションツール、Googleアラート、メルマガを使った情報収集

前回の記事では、ビジネスに役立つ効果的な情報収集のスタンスとして、毎朝・毎晩30分、自宅でネット記事を読むことをおすすめしました。今回はさらに、ネット記事の効率的な探し方についてポイントをお伝えします。

情報収集をするには、気になる言葉で検索するだけではなく、キュレーションツールやGoogleアラート等を駆使して体系的に進めることが望ましいです。そのほうが素早くかつ、重要な情報を漏らさず収集できるからです。

キュレーションツールは欠点も理解して活用する

ここ数年、精度が比較的よいキュレーションツールが増えました。自分が関心ある記事を毎朝メールマガジン形式で配信してくれるので、大変便利です。送られてきた記事の中でどの記事を読んだかによって、より自分の関心に近い記事が選ばれるようになるので、 使いやすくなっていきます。いくつか出ていますが、それほど大差はないので自分の好みにあったキュレーションツールを選べばよいでしょう。

問題は、キュレーションツールの場合、やや扇情的なタイトルの記事が流れてくることも多く、それをつい見てしまいがちです。そうすると対象が徐々にずれていってしまいます。そのため、他の方法との併用がどうしても必要ですし、どちらかというとGoogleアラートをお勧めしています。

Google アラートは日本語・英語の両方で

Google アラートは、関心のある言葉、自社と関連のある会社やサービス、競合などを登録しておくことで、その言葉を含む記事を毎朝配信してくれます。キー ワード登録が大変簡単で、毎朝確実に配信してくれるので重宝しています。新規のプロジェクトが始まったり、職場が変わったり、新しい分野に関心を持ち始めたときはすぐ登録します。関心のある言葉を20~30個登録するところから始めると良いでしょう。

キーワードの登録時にプレファレンス設定ができます。私のお勧めは、デフォルトでは件数が「上位の結果のみ」になっているので、これを「すべての結果」に変えることです。これにより、配信される記事数が数倍に増えます。

注意点としては、海外の動向も知る必要がある場合は、日本語・英語の両方で Google アラートを設定することです。たとえば「ウェアラブル」について知りたいのであれば、「ウェアラブル」と「Wearable」の両方を設定します。「ウェアラブル(日本語の検索キーワード)」に対しては、言語を日本語に設定することで日本語の記事が配信され、「Wearable(英語の検索キーワード)」に対しては、言語を英語にすれば英語の記事が配信されます。

日本語の記事が膨大にあるので、英語の記事など読まなくても、と思われる方が多いと思いますが、決してそんなことはありません。なぜなら、日本語の記事は英語の一部の記事の焼き直しで、重複しているものが多いからです。たとえばグーグルの自動運転車についての記事が日本語で多数見つかりますが、かなり多くが同一あるいは少数の英語の記事から引用です。検索でのヒット件数は多くても、ほとんど内容が重複しているのです。そのため、本格的に情報収集しようと思ったら、Google アラートで「Autonomous car」「Driverless car」などを登録し、配信される多数の英語の記事を読み、知見を深める必要があります。

そうやって初めて、仕事で使える本物の情報収集ができるのです。日本語だけで済ませようとすると限度があり、情報戦の出発点ですでに負けてしまいます。Google アラートは英語の最新ニュースをうまく見つけてきてくれることが多いので、ぜひご活用ください。

AppleやGoogleなど大手プラットフォームの方針変更や新たな情報、関連企業・ 競合企業の情報などは常に最新のものに触れ、全体をよく把握したうえで意思決定をしていきたいものです。

メルマガを5~10個は登録する

メルマガも有用で、情報収集に欠かせません。例えば、ダイヤモンド・オンライン、週刊BPnetメール、日経 xTECH ITメールなどがあります。

情報収集をしていると、関心のある分野の記事が多数載っているブログやニュースサイト等に出会います。そういったブログやニュースサイトには、多くの場合、メルマガ購読ができますので申し込みをします。通常はメールアドレスを入力するだけなので数秒でできます。

多く登録しすぎても読むのが大変ですが、5~10個はメルマガを登録するのがよいと思います。もし、これまであまりメルマガを読んだことがないという場合でも、意識すれば関心のある分野の記事を読んでいるうちに多数目にすることになります。

メルマガを登録すると毎朝あるいは週次などで送られてくるので、これはという記事を端から読んでいきます。漏らさず、かつ遅れずに情報を得られるので大変ありがたいです。「読まれた記事週間ベストテン」なども、読みそこねたものを見つけるために役立ちます。また、関連分野の最新記事のタイトルとURLが掲載されているものも多いので、1回につき3~5の記事を読むきっかけになっています。

上記で説明したものは全て無料メルマガですが、有料メルマガもあります。私は特に内容が豊富で、無料メルマガやネット検索等で読めず、かつ仕事に直結しているものに厳選して、有料メルマガも購読しています。誰にでもお勧めするわけではありませんが、貴重な情報源となっています。

速さは全てを解決するー『ゼロ秒思考』の仕事術 』好評発売中!

▼本書の内容を全15回にわたってご紹介します。
第1回「全体像の描き方
第2回「好循環のつくりかた
第3回「仕事を前倒しするメリット
第4回「効果的な情報収集
第5回「Googleアラートの活用法
第6回「相談相手の選び方
第7回「進んで講演・発表をする
第8回「英語学習法
第9回「書類・資料の作成法